《エアロピΞ(クシー)/Aeropixthree》

チューナー・効果モンスター
星1/風属性/天使族/攻 200/守 200
(1):1ターンに1度、このカードと同じ縦列の相手の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードの位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動し、
対象の相手モンスターの位置をこのカードの正面の相手のメインモンスターゾーンに移動する。
その後、その相手モンスターに燃焼カウンターを1つ置く。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
燃焼カウンターが置かれているモンスターの攻撃力・守備力は、その数×200ダウンする。

 DAWN OF MAJESTYで登場した風属性天使族下級モンスターチューナー
 自身を別のメインモンスターゾーンに移動し、自身と同じ縦列の相手モンスターも自身の正面に移動させた上で燃焼カウンター置く誘発即時効果燃焼カウンターの数×200だけ弱体化させる永続効果を持つ。

 (1)は自身と相手モンスターカードの位置を変更させ、変更した相手モンスター燃焼カウンターを乗せる効果
 自身がレベル1であるため、エクストラモンスターゾーンの正面に移動させ、《サクリファイス・アニマ》リンク素材にしてそのまま吸収することが可能。
 また、相手ターンにも発動できるため、リンクモンスターを移動させて相手の戦略を狂わせるのも良い。
 相互リンクを解除する、リンク先を参照する効果不発にする、ペンデュラム召喚のためのリンクマーカーを潰すといった使い道が考えられる。
 その他、モンスターを強制的にリンク状態にする(またはリンク状態を強制解除させる)、もしくはリンク先を強制変更させられるという使い方もある。

 (2)は燃焼カウンターが乗ったモンスター弱体化効果
 しかし、同名カードを並べたとしても1ターンで1体のモンスター燃焼カウンターを複数載せることは不可能であり、基本的に200しか弱体化できない。
 一応弱体化自体はこのカードの数だけ増えるため、3体を並べれば1つにつき600のステータスダウンを狙うことは可能。
 もっとも、このカードまたはそのモンスターを素材などにされた場合は効力が失われてしまうので、大幅な弱体化は難しいと言わざるを得ない。
 強いて言えば、シンクロ召喚をしない【チューナー】ならば同名カードの展開と維持が狙えなくも無いが、そこまでして狙う価値があるかは微妙なところ。

 総じてチューナーとしての性能と弱体化効果は噛み合っていないため、基本的には(2)は無視して(1)の活用を考えればよいだろう。
 また、レベル1・天使族チューナーと恵まれたステータスでもあるので、効果はおまけとしつつステータスを活かして採用するのも手。

  • カード名は「エアロビ」と「ピクシー」からだろう。
    風属性であることから、「エアロ(空気)」もかけていると思われる。
    • 「エアロビ」とは、有酸素運動を意味する「エアロビック・エクササイズ」、またはダンスによる有酸素運動である「エアロビクス・ダンス」の略語。
      イラストを見るに、後者の意味と考えられる。
  • Ξ(クシー)」はギリシャ文字の第14字母であり、ギリシア文字の「Χ(カイ)」に相当する。
    イラストでは三匹の妖精がエアロビクス体操をしている場面であり、漢数字の「」と「Ξ」の形が似ていることからつけられたカード名とも考えられる。
  • エアロビクスをする事で脂肪が燃焼されるが、その分体力を消耗するためステータスが下がるといったイメージだろうか。
    「Ξ」の形と(1)の効果から、特に「反復横跳び運動」および「漫画的な横移動の表現の多重線」も意識しているものと推察される。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エアロピΞ》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 風属性 天使族 攻200 守200

広告