《オーバーレイ・ネットワーク》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターがX素材としているカード1枚を持ち主の手札に加える。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場した永続魔法
 自分モンスターと同レベルモンスター手札墓地から特殊召喚するか、対象としたエクシーズモンスターエクシーズ素材手札加える効果を持つ。

 1つ目の効果は、対象モンスターと同レベルモンスター特殊召喚
 効果無効且つ守備表示での特殊召喚であり、発動ターンエクシーズモンスターしか出せなくなるため、専らエクシーズ素材として活用する事になる。
 【エクシーズ召喚】においては条件は非常に緩く、手札墓地の両方から選べるため序盤から終盤まで発動しやすい。
 効果無効に関しても、墓地へ送られた場合の効果エクシーズ素材時に適用される効果ならば問題なく使用できる。
 ガガガのようなレベル変更を加えれば、ほとんどのモンスター特殊召喚できる。

 こちらの効果発動するターンにはエクストラデッキからの特殊召喚に制限がかかるが、メインデッキからは制限が無い。
 基本的にはエクシーズ召喚のために使うことになるが、メインデッキ中心のデッキでのリリース確保等にも転用できる。

 2つ目は、エクシーズモンスターからのエクシーズ素材の回収。
 エクシーズモンスターの多くはエクシーズ素材1つをコストにした時点で除去されたり更なるエクシーズ素材となる事が多い。
 除去を受ける前にこのカードで回収しておけば無駄がなく、維持できれば毎ターンハンド・アドバンテージを得る事もできる。
 手札から展開しやすいモンスターや、エクシーズ素材時に適用される効果を持つものは特に再利用する価値が高いと言える。
 回収範囲はモンスターカードに限定されていないため、自身をエクシーズ素材とできる《超重機回送》《RUM−幻影騎士団ラウンチ》のようなカードを使い回すことも可能。
 《神樹獣ハイペリュトン》と組み合わせればエクシーズ素材にした墓地カードを間接的にサルベージできる。
 ただし、《鳥銃士カステル》のように複数のエクシーズ素材コストにするモンスターとは相性が悪い点は注意。

 エクシーズモンスター自身がエクシーズ素材を取り除く効果を持たない【軍貫】では、《しゃりの軍貫》を手早く回収できるため相性が良い。
 【六花】では《六花精エリカ》を回収することで戦闘補助になり、《六花精ヘレボラス》ならモンスター効果に対して備えられる。
 No.を中心としたデッキでは、《アストラル・クリボー》を回収する事で次のターンにあちらの特殊召喚とこちらの1つ目の効果で再び破壊耐性付きのNo.の展開が狙える。
 (《アストラル・クリボー》破壊耐性付与は1度効果適用できればその後に取り除かれても継続する。)
 【希望皇ホープ】では対象を取ること自体を《竜装合体 ドラゴニック・ホープレイ》効果トリガーにできるほか、1つ目の効果《ZS−武装賢者》《ZS−昇華賢者》と相性が良い。

 いずれの効果【エクシーズ召喚】全般で利用できる汎用性の高い効果であり、採用を検討する価値はあると言える。
 ただし、1つ目の効果を使用するターン発動前も含めて他のエクストラデッキモンスターが使用できない点は注意する必要がある。
 【ギミック・パペット】における《ギミック・パペット−キメラ・ドール》のように、デッキによってはキーカードとなるリンクモンスターが併用しにくくなる。
 とは言え、このカード自身のサーチが難しい上に2つ目の効果ならば制約もないので、あまり気にせずに構築するのも手ではある。

  • 「オーバーレイ・ネットワーク」とは、あるコンピュータネットワークの上に構築された別のコンピュータネットワークの事を意味する。
  • ARC-V以降の作品でもエクシーズ召喚の口上に「オーバーレイ・ネットワークを構築!」という台詞を述べる事もあったが、ZEXALとは異なり省略されるケースも多い。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《オーバーレイ・ネットワーク》 魔法 永続魔法

広告