《オルターガイスト・ホーンデッドロック/Altergeist Haunted Rock》

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
「オルターガイスト」カードの効果によって
セットされているこのカードはセットしたターンでも発動できる。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
手札から「オルターガイスト」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):相手が罠カードを発動した時、手札から「オルターガイスト」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にし破壊する。

 DARK NEOSTORMで登場した永続罠
 オルターガイスト効果セットされた場合はそのターン中に発動できる効果外テキスト発動時に手札オルターガイストモンスター墓地へ送る効果オルターガイストモンスター手札コストにして相手罠カード発動無効破壊する効果を持つ。

 オルターガイストによってセットされた場合、即座に発動できる。
 現状その条件を満たすのは《オルターガイスト・マリオネッター》のみである。

 (1)は手札オルターガイスト墓地へ送るデメリット効果
 単体ではディスアドバンテージになり、(2)の効果コストを減らしてしまう。

 (2)は罠カード発動無効にして破壊する効果
 1ターンに1度しか使えないが、継続的な牽制としては機能する。
 しかし、(1)の効果からコストの確保が難しい上に、カウンター罠には対応できないため、完全な封殺は厳しい。
 《オルターガイスト・メリュシーク》などでオルターガイストを確保すれば継続的に罠カードを封じられる。

 効果外テキストを含め、《オルターガイスト・マリオネッター》とのシナジーを強く意識したカードと言える。
 《オルターガイスト・マリオネッター》効果でこのカードセットし、そのまま発動することで、あちらの蘇生効果の対象とコストを用意できる。
 墓地モンスターが存在しない先攻ターン目でも、《オルターガイスト・マリオネッター》蘇生効果発動できるのは明確なメリットと言えるだろう。

  • カード名は「幽霊のよく出る、取りつかれた」を意味する「ホーンテッド(haunted)」とプログラムのエラー・バグの一種である「デッドロック」をかけたものだろう。
    デッドロックとは並列プログラムにおいて、二つ以上のスレッドやプロセスが互いの処理の終了を待ち続け結果としてどちらの処理も進まなくなってしまう状態のことを指す。
    これを回避するためにプログラミングにおいては優先順位をつけ、ほかのプログラムが処理中の時はその処理を中断するなどの対策が取られる。
  • ブラッドシェパードはゴーストガールの態度から察したのか、セットしたターン発動可能な特性を説明前に見破っていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《オルターガイスト・ホーンデッドロック》 永続罠 オルターガイスト

広告