《オルフェゴール・ガラテア/Galatea, the Orcust Automaton》

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/闇属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:右上/左下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性機械族リンクモンスター
 リンク状態の場合に戦闘破壊耐性を得る永続効果除外された機械族1体をデッキに戻しデッキからオルフェゴール魔法・罠カードセットする起動効果を持つ。

 リンク素材にはオルフェゴールを最低1体は要求する。
 メインデッキオルフェゴール特殊召喚効果を持つため、手札から召喚できなくても墓地に存在さえすればモンスターを並べることは難しくない。

 (1)は戦闘破壊耐性
 下級アタッカー程度の攻撃力しかないこのカードにとっては有用な反面、逆にサンドバッグにされかねない恐れもある。
 あまり信頼はせず相手ターンに残ってしまった時の保険として見るべきか。

 (2)の固有効果オルフェゴール魔法・罠カードセットする効果
 【オルフェゴール】のキーカードである《オルフェゴール・バベル》が筆頭候補とえる。
 《オルフェゴール・プライム》も自身をコスト発動できるので有力か。
 奇襲性は薄れるが、カードの発動無効化できる《オルフェゴール・クリマクス》セットし守りを固めることも有力。

 除外された機械族1体でフィールドのカードを1枚増やすことができるため、他にフィールドコストを要求するカードと組み合わせるのも良い。
 《ヴァレルガード・ドラゴン》オルフェゴールデメリット下でも特殊召喚できるが、あちらの蘇生範囲が狭まる点は注意。
 このカードリンク召喚の時点でオルフェゴール墓地に存在するため、そちらのモンスター効果発動できれば自然とこちらの条件も整う。
 さらに特殊召喚されたオルフェゴールとこのカードでさらなるリンク召喚に繋げる、といった流れも可能。

  • マスターガイド6によると、世界の真相を知ったニンギルスを創星神として蘇らせるために作り上げた器としての機械人形であるとのこと。
    イヴの亡骸から感応力を補充し、微弱だが『鍵』の力を得ることに成功する。
    また、イヴの感応力を受けていく内に自我が芽生え、旧文明のデータから見つけた愛を受け人間になった女性の名「ガラテア」(下記参照)を、いずれ「イヴ」となる自身に重ねて密かに名乗る。
    ニンギルスは『鍵』の力と星遺物を使いイヴの魂を復活させようとするが、イヴの遺体に宿っていたリースガラテアに憑依し、さらにイヴの魂を消そうとする。
    しかし、ガラテアは土壇場でイヴの魂を『星杯』へ転送し、自身はその身代わりとなって消滅したのであった。
  • 腹部に当たる円柱部位は、オルゴールのシリンダーを思わせる造形をしている。
    また右足のデザインはクラリネットを思わせる造形となっている。
  • 2019年8月3日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第10期投票では第10位にランクインした。
  • ガラテア(ガラテイア)とはギリシャ神話の登場人物。
    ギリシャ神話中には海のニュンペー、彫刻から人間になったピュグマリオンの妻、エウリュティオスの娘の3人のガラテアが登場する。
    イラストの女性の顔が彫刻のようであることを考えると、モチーフはピュグマリオンの妻のガラテアだろう。
    現実の女性に絶望していたピュグマリオンは自身の理想の女性となるガラテアを彫刻し、そのうち裸であることを恥ずかしく思い服を彫ったり、食事を与えたり話しかけたりするなどし、人間になることを願い続けた。
    ガラテアの彫像から離れなくなり衰弱していくピュグマリオンの様子を見かねたアプロディテによって、ガラテアは人間になり、ピュグマリオンの妻に迎えられたという。
  • ちなみに、1886年に発表されたSF小説『未来のイヴ』は、上記のピュグマリオンの神話を下敷きにした作品である。
    アンドロイド」という呼称を最初に用いた作品とも言われ、後の多くのSF作品に影響を与えた。

関連カード

―《オルフェゴール・ガラテア》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《オルフェゴール・ガラテア》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 機械族 攻1800 オルフェゴール

広告