《ガーディアン・キマイラ》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/獣族/攻3300/守3300
カード名が異なるモンスター×3
このカードは手札と自分フィールドのモンスターのみを
それぞれ1体以上素材とした融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカードの(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法カードの効果で融合召喚した場合に発動できる。
手札で融合素材としたカードの数だけ自分はデッキからドローし、
フィールドで融合素材としたカードの数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊する。
(2):自分の墓地に「融合」が存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならない。

 BATTLE OF CHAOSで登場した闇属性獣族融合モンスター
 融合素材自分フィールド手札モンスターのみかつそれぞれ最低1体ずつ含んだ融合召喚でしかエクストラデッキから特殊召喚できない効果外テキスト融合召喚に成功した場合、手札から融合素材にしたカードの数までドローし、フィールドから融合素材にしたカードまで相手フィールドのカード破壊する誘発効果墓地《融合》が存在する限り相手効果の対象にならない永続効果を持つ。

 融合素材は緩く、トークンを複数展開してからリンクモンスターを並べておけば2体の融合素材は確保できる。
 《氷獄龍 トリシューラ》とは似ているが、こちらは手札に1枚以上のモンスターが必要で、融合召喚を行う魔法カードも必要なため、消費は増えやすい。
 3体以上の融合素材を用いて手札フィールド融合する必要のある《大融合》とは重さが共通しており、あちらを採用するデッキなら選択肢の1つとしては有力な候補となるだろう。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》ならサーチリクルートにより融合素材を確保でき、《E・HERO ブレイズマン》を出せば《融合》まで確保できる。
 【デスピア】であれば《デスピアの導化アルベル》なら《烙印劇城デスピア》サーチでき、墓地へ送られた場合の効果で消費も補いやすい。
 獣族であるため《魔獣の懐柔》の制約下で融合召喚でき、3体のうち2体で《森のメルフィーズ》エクシーズ召喚してメルフィーサーチすることで素材が揃う。

 (1)は融合素材にしたモンスターによってドロー相手フィールドのカード破壊する効果
 上述の通り重い融合召喚になるが、この効果により即座にディスアドバンテージ回復を図れる。
 後半の効果対象をとらないため、除去性能は高い。
 なお「魔法カード効果」でという指定があるため、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》のようなモンスター効果罠カード効果融合召喚しても発動できない。

 (2)は《融合》墓地に存在する場合、相手効果の対象にならない効果
 対象耐性により場持ちの向上及び《エフェクト・ヴェーラー》等によって(1)が無効化されるリスクをなくせる。
 上述の《大融合》だけでは適用されず、《融合》を使ってこちらを適用するか、他の融合召喚手段にするかは良く検討する必要がある。
 逆に言えば《融合》墓地にさえあれば適用されるので、他のモンスター融合召喚や極論《おろかな副葬》で直接《融合》《置換融合》墓地へ送る事でも耐性は得られる。

 墓地《融合》を必要とする(2)の存在から、この効果を重視する場合は【正規融合】の中でも《融合》がメインの融合召喚手段であるデッキが望ましい。
 カテゴリ内に《融合》サーチが存在し、展開力も高い【ファーニマル】【ムーンライト】などに投入するのがいいだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ガーディアン・キマイラ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星9 闇属性 獣族 攻3300 守3300 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告