《キ−Ai(アイ)−》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの攻撃力2300以上の「@イグニスター」モンスターが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
(3):このカードが除外された場合に発動できる。
このターン、自分の攻撃力2300以上の「@イグニスター」モンスターは戦闘では破壊されない。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した通常魔法
 @イグニスター蘇生する効果、特定の@イグニスター効果破壊される際に身代わりとなる効果、自身が除外されたターンの間特定の@イグニスター戦闘破壊されない耐性を付与する効果を持つ。

 (1)は@イグニスター蘇生
 同じAiカード《Aiドリング・ボーン》と比較すると、こちらは発動後の展開に制限が無い点で勝り、あちらは速攻魔法なのでバトルフェイズ相手ターンに使える点で勝る。
 一長一短の相互互換であり、どちらにも同名カードの制限があるため併用しても良いだろう。

 (2)は@イグニスター効果破壊身代わり
 大型モンスターの場持ちを良くでき、下記の(3)のトリガーにもなる。
 ただし、攻撃力の指定から素材となる下級モンスターへの除去は防げず、展開の出鼻を挫く相手の行動には対処できない。

 (3)は@イグニスターへの戦闘破壊耐性の付与。
 (2)からそのまま発動できるので、@イグニスター戦闘効果両面から守る事ができる。
 ちなみにこの効果はどんな形でも除外さえされれば適用されるので、《マクロコスモス》などの(2)のコスト以外の形で除外されても使うことが可能。

  • カード名は「物事を行う際にそれに集中する決意を固めること」を意味する「気合い」にAiを合わせたものだろう。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    通常魔法
    (1):自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターを特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
    (2):自分フィールドの「@イグニスター」リンクモンスターが効果で破壊される場合、
    代わりに墓地のこのカードを除外できる。
    この効果の発動後、ターン終了時まで自分フィールドの「@イグニスター」リンクモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
    OCG版と比べると、(1)にはデメリットが存在する。
    また、(2)で守れるのはリンクモンスターだけである代わりに、OCG版の(3)に相当する効果効果破壊からも守ることが可能であった。
    • 使用者のAiは、このカードを発動する前に「やっぱお前には、奥の手を出すしかねぇようだな…Aiちゃんの奥の手、気合いだ!気合い!」と、このカードに掛けた洒落を発言している。
      また、この発言の直後に「…いや、ホントだから」と補足しており、事実このカードを経由してAiの奥の手と言えるモンスターが登場した。

関連カード

収録パック等


Tag: 《キ−Ai−》 魔法 通常魔法 Ai

広告