《クイーン・バタフライ ダナウス》

効果モンスター
星8/風属性/昆虫族/攻2800/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが通常召喚されている場合、
自分の墓地のレベル4以下の昆虫族モンスターを3体まで対象として発動できる。
このカードの攻撃力を0にし、対象のモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 Vジャンプ(2022年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場する風属性昆虫族最上級モンスター
 通常召喚された自身の攻撃力を0にすることでレベル4以下の昆虫族3体までを蘇生する効果を持つ。

 自身の攻撃力を0にする事で、下級昆虫族を最大3体までフリーチェーン蘇生できる。
 ただし、この効果発動するためには通常召喚フィールドに出している必要がある。
 昆虫族は展開手段はそこそこ豊富に存在するものの、アドバンス召喚のサポートが手厚いわけではない。
 最上級モンスターのこのカードアドバンス召喚するにはデッキ構築時点からある程度意識したギミックが必要になるだろう。

 《プリミティブ・バタフライ》《デビルドーザー》《ワーム・ベイト》などを組み合わせるなどでリリース要員は賄える。
 しかし、このカード蘇生したいモンスター墓地に準備する手間も別途必要となってくる。
 《共振虫》を含めた昆虫族を3体展開して《Beetrooper Armor Horn》リンク召喚すれば、《共振虫》効果でこのカードサーチしながら召喚権を確保できる。

 通常召喚に成功してしまえば、効果によってこのカードを含め昆虫族が4体並び、それ以降の展開への縛りもない。
 リンク4までのリンク召喚や、蘇生する昆虫族次第では各種シンクロ召喚エクシーズ召喚に自在に繋げる事ができる。
 《ゴキポール》《共振虫》《応戦するG》などを蘇生すれば、それらを素材とした際にサーチ効果発動させることも可能。

 また、自分ターン効果発動した後、何らかの手段でこのカード攻撃力を1でも上げる事ができれば、相手ターンに再度効果発動できる。
 蘇生した昆虫族の中に風属性が2体存在するならば、《グレートフライ》リンク召喚するのが最も手軽な手段だろう。
 その他、《甲虫装機 ピコファレーナ》《ユニオン・キャリアー》《共振虫》経由で《Heavy Beetrooper Mighty Neptune》サーチ特殊召喚するなどの方法もある。
 ただし、フリーチェーンでの蘇生とはいえ、効果無効になる以上相手ターンでは蘇生した昆虫族にしかならず、また攻撃力0のこのカードが棒立ちになる点には注意が必要。
 同じ風属性《ホップ・イヤー飛行隊》《星遺物からの目醒め》といった罠カードなど、相手ターン蘇生した昆虫族を利用できるカードと組み合わせる事なども視野に入れてみてもよい。

 このように効果自体は魅力的だが、効果の発動までの手間も相応であり、実用性の面では下準備を必要とせず扱いやすさで優る競合相手が存在することが最大のネック。
 上記のように《共振虫》と2体の昆虫族が並ぶ状況であれば《甲虫装機 ピコファレーナ》リンク召喚したり《デビルドーザー》《クローラー・ソゥマ》サーチしても大量展開に繋がる。
 またアドバンス召喚を必要としない《B・F−早撃ちのアルバレスト》ならば蘇生できる昆虫族レベル3以下の1体のみだが効果無効にしないため、こちらも蘇生する昆虫族次第では一度にモンスターを並べる事ができ、墓地を肥やす手間もこちらほど大変ではない。
 アドバンス召喚ではなく通常召喚していればよいため、他の昆虫族の展開手段と差別化も含め、《死皇帝の陵墓》によってリリースを踏み倒して召喚しても効果適用できる点を活かしたいところ。

  • 「ダナウス」(Danaus)はマダラチョウ族カバマダラ属の蝶を指す学名である。
    加えて「クイーン」の名も持つ事から、このカードの名前の由来はマダラチョウの一種「ジョオウマダラ」だと思われる。
  • 漫画版では、通常召喚していなければ効果発動できない適用条件はなく、蘇生した昆虫族効果無効にされる事もなかったが、代わりに必ず3体蘇生する必要があった。
    漫画GX連載当時はまだしも、第11期にはリンク召喚が登場しているため、制限が加えられたのは当然と言えるが、昨今のカードOCG化される際に何らかのメリットとなる効果が付随される事が多く、特に効果が追加・調整される事がなく完全に原作から弱体化しているパターンは珍しい。

収録パック等


Tag: 《クイーン・バタフライ ダナウス》 モンスター 効果モンスター 星8 風属性 昆虫族 攻2800 守1900

広告