《クイック・シンクロン/Quickdraw Synchron》

チューナー・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻 700/守1400
このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。
このカードをS素材とする場合、
「シンクロン」チューナーを素材とするSモンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードは手札のモンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した風属性機械族上級モンスターチューナー
 手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果、特定モンスターシンクロ素材の代用とする効果外テキストシンクロ召喚先を制限する効果外テキストを持つ。

 手札から特殊召喚できるチューナーだが、チューナーシンクロンを指定するシンクロモンスターにしか使用できない。
 他の素材には制限がかかっていないため、場合に応じてアドバンス召喚リリースエクシーズ素材リンク素材として扱う事はできる。
 また、シンクロ召喚ではない《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚にも利用できる。

 シンクロンを指定するシンクロモンスターの一覧は下記を参照。
 候補としては、レベル7なら高攻撃力連続攻撃効果を持つ《ニトロ・ウォリアー》レベル8なら破壊効果を使用できる《ジャンク・デストロイヤー》辺りだろう。
 非チューナーが2体必要だが、《デビル・フランケン》等をリクルートして制圧や更なる展開に繋げられる《ロード・ウォリアー》も狙い目。
 なおレベルの都合で、レベル5の3体をシンクロ召喚するにはレベルを下げる必要がある。
 《キャシー・イヴL2》であればレベル合計を5に保ちつつシンクロ素材を揃えられる。

 手札コスト墓地効果発動できるモンスターを選べばよりアドバンテージに繋げられる。
 特殊召喚効果を持つモンスター墓地へ送れば召喚権を消費せずにシンクロ召喚が行える。
 《ボルト・ヘッジホッグ》なら即座に自己再生でき、《ガスタ・グリフ》ならガスタリクルートによってレベル7・8のシンクロモンスターを使い分けられる。

 手札コストで自己特殊召喚できるモンスターとしてシンクロ素材以外で活用する場合、同じレベル5には手札コスト縛りがない《THE トリッキー》が存在するので、主に属性種族の違いなどで差別化したい。
 こちらはコスト墓地送りなので《マクロコスモス》に弱いが、シンクロンチューナーなので《調律》に対応し手札に確保しやすいという利点がある。
 また、チューナーなので《水晶機巧−ハリファイバー》リンク素材になり、機械族なので《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》エクシーズ素材にもなれる。
 攻撃力が低いため《地獄の暴走召喚》も利用できる。

  • 英語名の「Quickdraw」は「早撃ち」を意味する。
    日本語名の「クイック」もイラストやアニメの演出からして同じ意味を含んでいると思われる。
  • 海外版のイラストは武器規制のため銃口に赤い玉が詰められ照準器も取り払われている。

このカードシンクロ召喚可能なモンスター

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:手札から特殊召喚する効果は特に分類のない効果です。(09/07/22)(→召喚ルール効果
  『「シンクロンチューナーの代わりとしてシンクロ素材にできる』というテキストと、シンクロ素材にする場合の条件は、モンスター効果として扱われません。(14/12/06)


Tag: 《クイック・シンクロン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星5 風属性 機械族 攻700 守1400 シンクロン

広告