《グランドレミコード・ミューゼシア/GranSolfachord Musecia》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からPモンスター1体をEXデッキに表側表示で加え、
そのPスケールが奇数なら偶数の、偶数なら奇数のPスケールを持つ
表側表示のPモンスター1体を自分のEXデッキから手札に加える。
(2):自分が「ドレミコード」モンスターのP召喚に成功した時、
その内の1体を対象として発動できる。
そのモンスターのPスケールの数値と同じレベルの「ドレミコード」Pモンスター1体をデッキから手札に加える。

 DAWN OF MAJESTYで登場した光属性天使族リンクモンスター
 偶奇の異なる手札エクストラデッキペンデュラムモンスターを入れ替える起動効果ドレミコードペンデュラム召喚に成功した時にその内の1体のペンデュラムスケールと同じレベルドレミコードサーチする誘発効果を持つ。

 リンク素材については同じリンク素材を持つ《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を参照。
 【ドレミコード】以外における汎用性ではあちらに分があるが、あちらは現在制限カードなので2枚目以降としての採用も十分検討できる。

 (1)は偶奇の異なる手札エクストラデッキペンデュラムモンスターの入れ替え効果
 偶奇の縛りはあるものの、腐った手札ペンデュラムモンスターを他所に移しつつ、エクストラデッキから有用なモンスターを回収してペンデュラム召喚に繋げられる。
 【ドレミコード】以外の【ペンデュラム召喚】全般でも有用な効果であるため、こちらを目当てに採用も考えられる。

 (2)はドレミコードペンデュラムモンスターサーチ効果
 ペンデュラム召喚したドレミコードペンデュラムスケールを参照しそれと同値のレベルを持つドレミコードサーチし、その後の展開に繋げられる。
 ただ、ペンデュラム召喚後にサーチしたいドレミコードである《ドドレミコード・クーリア》は、そのペンデュラムスケールにより【ドレミコード】ペンデュラム召喚では少々サーチが難しい点は注意。

  • カード名の「ミューゼシア」は「ミューズ」の捩りか。
    「グランド(grand)」は英語で「偉大な」「壮大な」などを意味するが、このカードの場合はイラスト背景にも描かれている「グランドピアノ」を意識したものだろう。
    グランドピアノは地面と水平(横方向)に弦を張ったピアノで、鍵盤部の後ろに弦を収納する長い胴体が伸び、弦からの音を逃がすため上部に開閉できる「大屋根」を持つのが特徴。
    垂直に弦を張ったアップライトピアノに比べ弦が長い分響きが良く、大きなコンサート等ではまずこちらが使われるが、高価で重く場所を取るため、家庭などでの使用には向かない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《グランドレミコード・ミューゼシア》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 天使族 攻1900

広告