《ゴーストリック・フェスティバル/Ghostrick Festival》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/魔法使い族/攻   0
【リンクマーカー:下】
リンクモンスター以外の「ゴーストリック」モンスター1体
このカードをリンク召喚する場合、自分フィールドの裏側表示の「ゴーストリック」モンスターもリンク素材にできる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドゾーンに「ゴーストリック」カードが存在する限り、
自分の「ゴーストリック」モンスターは直接攻撃できる。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「ゴーストリック」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

 BATTLE OF CHAOSで登場した闇属性魔法使い族リンクモンスター
 裏側表示ゴーストリックリンク素材にできる効果外テキストゴーストリックフィールド魔法が存在する場合にゴーストリック直接攻撃を可能にする永続効果相手攻撃宣言時に自身をリリースする事でゴーストリック裏側守備表示リクルートできる誘発効果を持つ。

 効果外テキストにより、通常では不可能な裏側表示モンスターリンク素材にできる。
 ゴーストリックは自身の効果や関連カードの効果により裏側表示でいる事も多く、この方法でリンク召喚される機会も少なくないだろう。
 ゴーストリック表側表示ゴーストリックが存在しないと召喚できない制約を持つが、それを回避するのにも役立つ。
 このカードリンクモンスターであるために裏側表示にする効果を受けることがない、という性質にも利用価値があり、《ゴーストリック・ナイト》《ゴーストリックの人形》とを併用できるようになる。

 (1)はゴーストリックへの直接攻撃付与。
 【ゴーストリック】は複数のフィールド魔法を活用するデッキなので適用機会は作りやすい。
 条件となるゴーストリックフィールド魔法直接攻撃を付与する効果を持つが、それらは相手モンスター裏側守備表示のみの場合に適用される。
 こちらは表側表示モンスターが存在しても直接攻撃できるため、よりライフポイントを削りやすくなると言える。
 特に裏側表示にできないリンクモンスターを活用するデッキに対してはフィールド魔法効果が通用しないのでこの効果の意義は大きい。

 (2)はゴーストリック裏側守備表示でのリクルート
 自身の攻撃力が0なので攻撃対象に選択されたらほぼ確実に発動する事になる。
 有用な効果だが、発動タイミングが限定されている上にあからさまなので、事前に効果無効化で封じられる可能性も高い。
 特に《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》等の発動そのものを封じて攻撃してくるモンスターは天敵であり、直接攻撃に等しいダメージを負ってしまう。

  • イラストではジャック・オー・ランタンが多数描かれていることから、ここで言う「フェスティバル」とはハロウィーンのことだろう。
    このカードが収録されるBATTLE OF CHAOSは10月発売であり、意識されたものと思われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ゴーストリック・フェスティバル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 闇属性 魔法使い族 攻0 ゴーストリック

広告