《ゴブリンのその()しのぎ/Goblin Out of the Frying Pan》

カウンター罠
500ライフポイントを払う。
魔法カードの発動を無効にし、そのカードを持ち主の手札に戻す。

 SHADOW OF INFINITYで登場したカウンター罠
 魔法カード発動無効にし、持ち主手札戻す効果を持つ。

 同パックで登場した《誤作動》とほぼ同様の効果で、こちらは魔法カード無効化する。
 元に戻した魔法カード発動制限はないため、相手ターン発動すると無効にしてもすぐにまた発動されるだけでその場しのぎにすらならない。
 自分ターン発動された速攻魔法に対して使えば1ターンのその場しのぎができるが、ディスアドバンテージを負っているのであまり有効とは言えない。

 発動条件のあるカードコストの必要なカードに対して使用すれば、ある程度有効に機能させることはできる。
 最もリターンが大きいのは《左腕の代償》であり、実質的なフルハンデスが可能となる。
 それ以外で汎用性が高いものだと《強欲で貪欲な壺》も再発動できなくなる可能性が高まる。
 その他、《トレード・イン》《死者転生》等でも1:1交換は成立している。
 しかし、メタ対象が限られすぎており、多くの場合でこのカード腐る上に、《灰流うらら》等のより汎用性の高いメタカードが存在するためにこちらを採用する理由がない。
 若干のリスクは負うものの、魔法カード全般に通用する《マジック・ジャマー》《マジック・ドレイン》の方が汎用性が高い。

 ほか、《魔封じの芳香》と併用することでも1ターンのラグを与えられる。
 更に《ダーク・シムルグ》がいればその魔法カードを再び使われることはないが、そこまでするならこのカードまで使う必要も薄い。

 《プレゼント交換》魔法カード相手手札に加えさせ、相手がその魔法カードを使った時にこのカード発動すれば、その魔法カード自分手札に加えられる。
 結果的に2:2交換となるが、相手の行動に依存するため安定しない。

  • 「ゴブリン(Goblin)」についてはゴブリンを参照。
    英語名の「Out of the Frying Pan」は「out of the frying pan into the fire」の省略した形だろう。
    フライパンから逃げ出したと思ったら今度は火の中に飛び込んでしまった、という意味で、小難を避けて大難に出会う様を表す。
    「一難去ってまた一難」と訳されることが多い。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALにおける「遊馬vs凌牙」(1戦目)にて、遊馬の手札に最初から存在していたが、最後までセットすらされなかった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手発動した魔法カードチェーンして、自分はこのカードを発動しました。
  その魔法カードの元々の持ち主自分である場合、どちらのプレイヤー手札に戻りますか?
A:自分手札に戻ります。(14/12/27)


Tag: 《ゴブリンのその場しのぎ》 カウンター罠 ゴブリン

広告