《ゴヨウ・ディフェンダー/Goyo Defender》

シンクロ・効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1000/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが
戦士族・地属性のSモンスターのみの場合に発動できる。
エクストラデッキから「ゴヨウ・ディフェンダー」1体を特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで、
このカード以外の自分フィールドの戦士族・地属性のSモンスターの数×1000アップする。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 特定条件下でエクストラデッキ同名カード特殊召喚する起動効果地属性戦士族シンクロモンスターの数に比例した自己強化を行う誘発効果を持つ。

 (1)は地属性戦士族シンクロモンスターのみが存在する状況でエクストラデッキから同名カード特殊召喚する効果
 発動条件が非常に厳しいため、実質「他のモンスターがいると発動できない」と見ていい。
 モンスターがこのカードのみの場合は続けて2体目も効果を使い、同名カードを3体並べることができる。
 そのままでも(2)の自己強化で迎撃できるが、事前に除去を受ける危険が高いため、積極的に狙うべき戦略とは言えない。

 並べた3枚で様々な展開を狙える。
 そのままランク3のエクシーズ召喚を行える他、《ゴヨウ・エンペラー》融合素材リリースコストも全て賄える。
 リンク3のリンク召喚も可能であり、《聖騎士の追想 イゾルデ》を経由する事でリンク4にもつなげられる。
 それ以外では《スリーカード》ともシナジーが見込め、シンクロ召喚によるこちらのカード消費を補える除去が可能。
 特殊召喚効果持ちのチューナーと合わせてシンクロ召喚を狙うのも有効であり、シンクロモンスターを簡単に2体以上並べられるため、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》などのシンクロ召喚も簡単に行える。

 ただし、このカードエクストラデッキの枠を2〜3枚埋めてしまうと、他の汎用シンクロモンスターの数が減り、デッキ自体の対応力が落ちる可能性がある。
 活用法を考えると専門デッキを組まざるを得ないので、この辺りの欠点は仕方ないと割りきって使うべきか。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    シンクロ・効果モンスター
    星3/地属性/戦士族/攻1000/守1000
    チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
    (1):自分フィールドのモンスターが「ゴヨウ・ディフェンダー」のみの場合、
    このカードはエクストラデッキから特殊召喚できる。
    この効果で特殊召喚したこのカードはこのターン攻撃できない。
    (2):このカードが相手モンスターに攻撃された相手のダメージ計算時に発動する。
    このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、
    フィールドの「ゴヨウ・ディフェンダー」の数×1000になる。
    (3):このカードが効果で破壊された場合に発動する。
    自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 
    攻撃力の上昇タイミングこそ早くなったが、(1)の効果発動条件同名カードのみから戦士族地属性シンクロモンスターに緩和され、攻撃制限や自壊デメリットもなくなり、他のゴヨウモンスターと異なり大幅に強化されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドモンスター地属性戦士族シンクロペンデュラムモンスターがいる時、(1)の効果発動できますか?
A:調整中。(18/12/05)


Tag: 《ゴヨウ・ディフェンダー》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星3 地属性 戦士族 攻1000 守1000

広告