《サイバース・セイジ》

儀式・チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻   0/守   0
「サイバネット・リチューアル」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のフィールド・墓地から、融合モンスターカードによって決められた、
サイバース族モンスターを含む融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
自分の墓地の、サイバース族モンスター1体または儀式魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 CYBERSTORM ACCESSで登場する闇属性サイバース族儀式モンスターチューナー
 自分フィールド墓地からサイバース族を含めた融合素材モンスター除外して融合召喚を行う効果、自身がシンクロ素材として墓地へ送られた場合にサイバース族儀式魔法サルベージする効果を持つ。

 自身は儀式モンスター、(1)は融合モンスター、(2)がシンクロモンスターと、関連するモンスターの種類がばらけている。
 そのため、ファイアウォールリンクモンスターの様に、複数のモンスターの種類を参照するカードとの併用が基本となる。
 自身のレベルの低さもあり、《サイバネット・リチューアル》を採用していれば儀式召喚自体は容易い。

 (1)はサイバース族融合素材に含めた融合召喚
 融合素材除外する関係上、なるべく墓地モンスター除外したい。
 自身も融合素材に含める事は可能であり、低ステータスのこのカードを残しておきたくない場合は検討できる。
 《ダイプレクサ・キマイラ》融合素材サイバース族2体と非常に緩いため、ほぼ確実に融合召喚できるだろう。
 その後、あちらとこのカードシンクロ召喚を行えば、両者の(2)の発動へと繋げられるため無駄がない。
 ただし、両者の効果墓地サイバース族を参照する効果なので、墓地除外融合召喚を行えるこの効果とはややアンチシナジーである点は注意。
 また、現状ではレベル6のサイバース族シンクロモンスターがいないため、サイバース族の展開制限が生じた場合にも支障が出る。
 《アースゴーレム@イグニスター》エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対しては攻撃力が倍化するので、効果耐性を持つモンスターを突破する場合の選択肢として覚えておいて損はない。
 《サイバース・ディセーブルム》手札からサイバース族特殊召喚する効果を持つので、そちらとシンクロ召喚を行えば、《サイバース・ディセーブルム》を残したまま(2)の発動へと繋がる。

 (2)はサイバース族儀式魔法サルベージ
 シンクロ素材として墓地へ送られたという条件から、非チューナーと並べる必要があるが、(1)で融合召喚したモンスターを利用する手もある。
 このカード儀式召喚に利用した一組が墓地に存在する筈なので、基本的にはサルベージ先がないケースは少ない。
 一応、《サイバネット・リチューアル》は自身を墓地コストにした効果も持つが、あちらは墓地へ送られたターン発動できないので、儀式召喚したターン発動する場合は問題なく回収できよう。
 一度儀式召喚してしまえば《サイバース・ガジェット》などで蘇生して(2)に繋げることも可能であり、《サイバース・ガジェット》サルベージすれば毎ターンシンクロ召喚が可能。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバース・セイジ》 モンスター 儀式モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 闇属性 サイバース族 攻0 守0

広告