《サイバーダーク・インフェルノ/Cyberdark Inferno》

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
(3):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場したフィールド魔法
 装備カードを装備したサイバー・ダーク耐性を付与する効果サイバー・ダークバウンスしてサイバー・ダーク召喚する効果相手破壊された場合に融合フュージョン魔法カードサーチできる効果を持つ。

 (1)の効果は、サイバー・ダークに対する対象をとる(指定する)効果効果破壊への耐性付与で、ほとんどの除去から守れる。
 装備カードへの除去は防げないが、《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》等ならディスアドバンテージを抑えられる。
 ただ、墓地ドラゴン族装備カードにするのは誘発効果なので、それにチェーンして除去効果を使われると防げない。
 装備カードを装備していればなんでもいいので《団結の力》《月鏡の盾》耐性持ちアタッカーを作ったり、《鎖付きブーメラン》などを除去チェーンして装備させ、効果破壊を防ぐ手もある。

 (2)の効果は、サイバー・ダークを一度バウンスして召喚し直すもので、サイバー・ダークドラゴン族装備する効果を再発動することができる。
 サイバー・ダークの弱点であった「装備カードが無くなると再装備する手段がない」という点を克服している。
 除去された場合はもちろん、《ドラグニティ−ファランクス》《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》装備解除したり、《融合派兵》などで特殊召喚したりした場合など、能動的に装備カードが無い状態になる事もあるため、その後のフォローとして有効である。
 装備カード状態の《黒鋼竜》墓地へ送ることでその効果を再発動させることが可能。
 他にも、状況に適したサイバー・ダークに入れ替えたり、1体だけだが《リミッター解除》デメリット回避にも使うことができる。

 (3)は受動的な効果だが、ディスアドバンテージを抑えられる保険となる。
 サーチ候補は融合サイバー・ダーク融合召喚できる《オーバーロード・フュージョン》《未来融合−フューチャー・フュージョン》《鎧獄竜−サイバー・ダークネス・ドラゴン》と相性のいい《再融合》か。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバーダーク・インフェルノ》 魔法 フィールド魔法 サイバー サイバーダーク

広告