《サイバネット・サーキット》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ファイアウォール」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からモンスターを任意の数だけ選び、対象のモンスターとリンク状態になるように自分または相手フィールドに特殊召喚する。
(2):自分のLPが2000以下の場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「ファイアウォール」リンクモンスター1体を選んでEXデッキに戻す。
その後、そのモンスターをEXデッキから特殊召喚できる。

 CYBERSTORM ACCESSで登場する通常罠
 ファイアウォールリンク状態になるよう任意の数のモンスター自分相手フィールド蘇生する効果ライフポイントが2000以下の場合に自身を墓地コストに、墓地ファイアウォールリンクモンスターエクストラデッキを経由する形で特殊召喚できる効果を持つ。

 (1)はファイアウォールリンク状態になるように蘇生
 蘇生するモンスターに制限はないため、自身のフィールド蘇生するだけでも素材・効果利用・アタッカー補充など様々な利用ができる。
 相手フィールドにも蘇生できるため、攻撃の的にしたり、《夢幻崩界イヴリース》などを蘇生して制圧に利用するのもよいだろう。
 《夢幻崩界イヴリース》は自発的に送りつけられるものの、相手ターン送りつけられるこのカードであれば自爆特攻による解除を封じられる。
 ただし、ファイアウォールリンクモンスターは最低でもリンク4、かつ自身の運用のために下準備も必要なものが多く、腐るリスクは軽視し難い。

 (2)は墓地ファイアウォールリンクモンスターエクストラデッキを経由して特殊召喚できる効果
 一旦エクストラデッキ戻してから特殊召喚という手順を取るため、蘇生制限を満たしていない状態のファイアウォールリンクモンスター特殊召喚も可能。
 正規のリンク召喚重いモンスター《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード−ネオテンペスト》《おろかな重葬》などで予め墓地へ送っておき、この効果特殊召喚を狙うのも良いだろう。
 リンク召喚では無いため、《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》はただのバニラになってしまうものの、それ以外であれば効果も利用できる。

  • カード名の「サーキット」はアニメVRAINSにおけるリンク召喚の演出が元ネタだろう(詳細はリンク召喚のページの「原作・アニメにおいて―」の欄を参照)。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サイバネット・サーキット》 通常罠 サイバネット

広告