《シンクロ・ゾーン》

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにSモンスターでしか攻撃できない。
(2):チューナー以外のSモンスターが自分の墓地へ送られた場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはチューナーとして扱う。
(3):相手メインフェイズに、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 PREMIUM PACK 2023で登場した永続罠
 シンクロモンスター以外の攻撃を封じる効果チューナー以外のシンクロモンスター自分墓地へ送られた場合にそのモンスターチューナー扱いで蘇生する効果相手メインフェイズに自身を墓地へ送ることでシンクロ召喚する効果を持つ。

 (1)はお互いシンクロモンスター以外で攻撃できない効果
 自分アタッカーシンクロモンスターで固めておけば相手からの攻撃だけを防げる。

 (2)はシンクロモンスターチューナー扱いで蘇生する効果
 トリガー墓地へ送られた場合であるため、各種除去だけでなく素材やコストなどにも対応する。
 連続シンクロ召喚に利用する、《スターダスト・ドラゴン》等のリリースして効果発動するモンスター効果をもう1度使うなど多岐に渡る利用が可能。
 ただし、戦闘破壊ダメージステップ中の除去には対応しないので注意が必要。

 (3)は相手メインフェイズシンクロ召喚する効果
 相手ターン中にシンクロ召喚することでシンクロ召喚に成功した場合の効果などを実質フリーチェーン発動できる。
 ただし、このカードと引き換えになるため、メインフェイズ1発動した場合には(1)による攻撃抑制と引き換えになってしまう点は注意。
 逆にメインフェイズ2にうまく発動できれば自分だけが(1)に制限されず攻め込むといった事も可能。
 その他、単純にこのカードまたは自分モンスター除去に狙われた場合にサクリファイス・エスケープの様に使用するのも良いだろう。

 総じて【シンクロ召喚】全般で利用可能な汎用性の高さは誇るが、(2)(3)は自分シンクロモンスターまたはシンクロ素材を用意できて意味が成す効果という点は意識しておきたい。
 モンスターが用意できずとも(1)である程度の時間稼ぎはできるが、永続カード故に除去に弱く過信は禁物。

 (2)(3)を(ほぼ)無視して、(1)によるロックを目当てにしたり、【神炎皇ウリア】に防御カードとして採用するのも良いだろう。
 《スクリーン・オブ・レッド》等の競合先と比較すると、シンクロモンスターが防げない弱点はあるものの、特にデメリットが無いため手軽さで勝る。

収録パック等


Tag: 《シンクロ・ゾーン》 永続罠

広告