《スカーレッド・レイン/Red Reign》

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル8以上のSモンスターが存在する場合に発動できる。
フィールドの、レベルが一番高いモンスター以外のモンスターを全て除外する。
この効果で除外されなかったフィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで、
自身以外のカードの効果を受けない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドにドラゴン族・闇属性SモンスターがS召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

 ETERNITY CODEで登場した通常罠
 フィールドで最高のレベルを持つモンスター以外を全て除外し、除外されなかったモンスター効果耐性を付与する効果ドラゴン族闇属性シンクロモンスターシンクロ召喚トリガー墓地からサルベージする効果を持つ。

 (1)(2)いずれも【シンクロ召喚】系のデッキでは幅広く活用できる。
 中でも【レッド・デーモン】のように闇属性ドラゴン族シンクロモンスターを主軸としたものとは特に相性が良い。

 (1)は全体除外効果耐性付与。
 条件となるのはレベル8以上のシンクロモンスターでさえあればよく、属性種族に制限はない。
 ただ、除外を回避できるのは最高レベルモンスターのみであり、レベルモンスターは比較的使用率もあるため、レベル9以上をなるべく使いたい。

 レベルが低いモンスターだけでなく、レベルを持たないエクシーズモンスターリンクモンスター除外できる。
 裏側表示モンスターレベルを参照できないため除外される。

 さらに他のカード効果を受けない耐性まで付与するため、伏せカードを気にせず直接攻撃が可能となる。
 レベル8以上のモンスター元々の攻撃力が高い場合が多く、直接攻撃で大ダメージを狙える。
 フリーチェーンなので、相手ターン全体除去耐性により動きを封じるという利用法も考えられる。

 直接レベル8以上のシンクロ召喚を行う以外にも、《スカーレッド・ファミリア》効果などで低レベルモンスターレベルを上げるのも良い。
 高レベルモンスター相手フィールドに存在する場合、レベル7の壊獣レベル6の《サタンクロース》などと併用する手もある。

 (2)は自己サルベージ効果
 闇属性ドラゴン族シンクロ召喚トリガーであり、それがレベル8以上ならば自動的に(1)の条件も満たす。
 (1)の使用後では自分フィールドシンクロモンスター1体のみになりやすいが、蘇生からシンクロ召喚を狙えるチューナーなどを用いれば回収はしやすい。
 もっとも、シンクロモンスターが2体並んだ場合、再発動した際に一方が除外されるため無駄が多い。
 【レッド・デーモン】など、シンクロモンスターシンクロ素材にして1体のみにし、除外を回避できる様に動きたい。
 サルベージするのは自分ターンになりやすく、セットして次の相手ターン発動し、自分ターンでまたサルベージという動きが狙える。
 《処刑人−マキュラ》シンクロ素材に絡めることで、サルベージして即座に発動するといった荒業を行う芸当も可能。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《スカーレッド・レイン》 通常罠

広告