《スターダスト・トレイル》

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻 500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードをS素材として「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」SモンスターのS召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「スターダスト・トークン」(ドラゴン族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 DAWN OF MAJESTYで登場する光属性ドラゴン族下級モンスター
 自分フィールドモンスターリリースされた場合に手札墓地より特殊召喚できる効果ウォリアーシンクロンスターダストシンクロ素材に使用された場合にスターダスト・トークン1体を生成する効果を持つ。

 (1)は手札墓地からの特殊召喚効果
 《スターダスト・ドラゴン》《スターダスト・ウォリアー》は自身の効果リリースを行うので、それらをトリガーにできるが発動条件相手の行動次第なので、タイミングがやや限定されやすい。
 《スターダスト・シンクロン》とは相性が良く、あちらの特殊召喚の為のリリースがこちらのトリガーにもなり、即座にレベル8のシンクロ召喚及び(2)へと繋げられる。
 また、属性種族が同じでサポートを共有できリリースを主とする聖刻との相性が良い。
 ドラゴン族の汎用カードでは《崩界の守護竜》《バーストブレス》で条件を満たすことができる。
 《幻獣機アウローラドン》などを利用する【シンクロ召喚】《ローンファイア・ブロッサム》を擁する【植物族】一般にも採用が検討できる。
 《斬機ナブラ》は自身をリリースして同名カード特殊召喚すれば、このカード特殊召喚でき、《スターダスト・ドラゴン》《閃こう竜 スターダスト》シンクロ召喚から(2)に繋げられる。
 毎ターン蘇生できるランク4のエクシーズ素材として用いることもでき、《ジュラゲド》《クロノダイバー・レギュレーター》忍法溟界などを利用するデッキではその利用法も検討できる。

 (2)はスターダスト・トークン1体の生成効果
 ウォリアーシンクロンスターダストシンクロ召喚先の指定は広いので発動は難しくない。
 生成したスターダスト・トークンを更なる高レベルシンクロ素材に活用できれば理想的であり、レベル1なのでセイヴァーシンクロ素材にも適する。
 シンクロチューナー《アクセル・シンクロン》を出せば、即座にシンクロ召喚が可能となる。

  • 「トレイル(Trail)」は幾つかの意味を持つ英単語だが、スターダストとの関連を考えると、ここでは「彗星や流星の尾」の意味と思われる。
  • モチーフになったのは、おそらくメソアメリカの神話伝承に登場する「カンヘル竜」だろう。
    マヤ族の神官チラム・バラムの語ったことを元に記述されたと伝わる書物『チラム・バラムの書』で言及されており、羽をはやした天使の様な姿の竜人として描写される。
    「カンヘル」とはアステカ族が権威の象徴としていたドラゴン(蛇)の頭を象った杖を指している。
  • アニメ5D'sは(特に初期において)マヤ文明やアステカ神話に関連したカードやそれらを元ネタにした要素が多く、これもその一環と言える。

関連カード

―《スターダスト・トレイル》の姿が見られるカード

類似効果

収録パック等


Tag: 《スターダスト・トレイル》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 ドラゴン族 攻500 守2000 スターダスト

広告