《スプリガンズ・バンガー》

効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻 500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・フィールド・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「スプリガンズ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):自分の墓地から「スプリガンズ・バンガー」以外の「スプリガンズ」モンスター1体とこのカードを除外して発動できる。
デッキから「スプリガンズ」カード1枚を手札に加える。

 BLAZING VORTEXで登場する炎属性機械族最上級モンスター
 スプリガンズモンスター共通のエクシーズ素材になる効果、自身と他のスプリガンズモンスター1体を墓地から除外することでスプリガンズサーチする効果を持つ。

 (1)については《スプリガンズ・ロッキー》を参照。

 (2)は墓地から自身とスプリガンズモンスター除外してスプリガンズサーチする効果
 コストは決して軽くないが、スプリガンズモンスターの共通効果1ターンに1度の制限を持つため、同名カードが存在するものをコストにすればよい。
 《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》特殊召喚した《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》蘇生制限を満たさないためコストに充てやすい。

 サーチ先の筆頭は、キーカードである《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》サーチできる《スプリガンズ・ウォッチ》だろう。
 既に《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》が存在する状況でも、代わりにモンスターサーチした上で墓地を肥やせるため状況にかかわらず使用できる。
 他にも《スプリガンズ・ピード》サーチして蘇生につなげたり、罠カードサーチし次のターン以降に備えたりすることが可能。

 (1)の効果フィールド外でも発動でき、(2)の効果墓地発動であるため、積極的にフィールドに出す意義は薄い。
 手札に来ても腐ることは少ないが、やはり墓地肥やしを用いて手早く墓地へ送っておきたい。

  • 「バンガー(banger)」は、爆竹などの大きな音を出し爆発するものを意味する。

関連カード

―《スプリガンズ・バンガー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《スプリガンズ・バンガー》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 機械族 攻500 守2500 スプリガンズ

広告