《スプリガンズ・ブラスト!》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「スプリガンズ」モンスターが存在する場合、
相手のメインモンスターゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
そのゾーンに表側表示モンスターが存在する場合、
このターン、そのモンスターは直接攻撃できず、効果は無効化される。
そのゾーンにモンスターが存在しない場合、
このターン、指定したゾーンは使用できない。
自分フィールドに「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターが存在する場合、
この効果で指定するゾーンを2ヵ所にできる。

 BLAZING VORTEXで登場する通常罠
 スプリガンズが存在する場合にメインモンスターゾーン1カ所を指定し、そのゾーンにモンスターがいれば直接攻撃を封じて効果無効化し、いなければゾーンを使用不可にする効果を持つ。
 さらに《アルバスの落胤》融合素材とする融合モンスターが存在する場合は指定するゾーンを2カ所にできる。

 フリーチェーン効果無効にするため、制圧に利用できる。
 対リンクモンスターとしてはリンクマーカーの妨害にも役立つ。

 便利な効果だが、発動条件となるスプリガンズの存在がネックとなる。
 スプリガンズはいずれもステータスが高いわけではなく、素材としてフィールド離れることが多い。
 《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》も自身の効果除外されるため、ここぞというタイミングで発動しづらい。
 《スプリガンズ・キャプテン サルガス》ならば相手ターンに残す意義も出てくるため、これと併用するのが良いか。

 《アルバスの落胤》融合素材とする融合モンスターがいるとゾーンの指定が2カ所に増えるため、展開後の相手にも多少は対応できるようになる。
 いずれも融合素材は緩く、《鉄駆竜スプリンド》スプリガンズに関する効果も持つので併用は難しくない。

 装備カード等のフィールドに残るカード相手魔法&罠ゾーンにあれば、別の列のメインモンスターゾーンを封じる事で同じ縦列にカードが存在する状況に誘導し、《鉄駆竜スプリンド》による除去に繋げる事ができる。
 同じ要領で、エクストラモンスターゾーンメインモンスターゾーン相手モンスターをまとめて除去できるように誘導してもいい。
 それでも、他のゾーン封印系カードと併用しない限り抜けはいくらか出るので、【炎星】【真竜】のように永続系魔法・罠カードを多用するデッキが相手でない限り、まとめて破壊できたらラッキー程度の認識でいいだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《スプリガンズ・ブラスト!》 通常罠 スプリガンズ

広告