《ゼアル・コンストラクション》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚相手に見せ、デッキから以下のカードの内いずれか1枚を手札に加える。
その後、見せたカードをデッキに戻す。
●「ZW」モンスター
●「ZS」モンスター
●「ゼアル」魔法・罠カード
●「RUM」魔法カード
●「RDM」魔法カード

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した通常魔法
 該当カテゴリの内1枚をサーチし、発動時に公開した手札デッキ戻す効果を持つ。

 どの様な使用法でも言える事だが、単純に使用するとこのカード1枚分のディスアドバンテージが生じる。
 サーチ先の効果アドバンテージを回復するか、ディスアドバンテージを考慮してでも手札に引き込みたいカードとの併用が基本となる。

 最も相性の良いデッキサーチ先の大半が真価を発揮する【希望皇ホープ】である。
 初手ならば、《ZS−武装賢者》《ZS−昇華賢者》サーチして希望皇ホープエクシーズ召喚に繋げる事で、それらのサーチアドバンテージを回復可能。
 《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》などでドローしてしまった《ダブル・アップ・チャンス》を、《No.39 希望皇ホープ・ダブル》効果の為にデッキ戻すといった運用も可能である。

 特に発動条件がないため、それ以外のデッキでもRUMサーチのために使える。
 手札ディスアドバンテージは生じるものの、フィールドの状況を問わず汎用的に使えるRUMサーチは貴重。
 特殊召喚先のエクシーズモンスター効果アドバンテージを取り戻すことは難しくない為、採用を検討するだけの価値はある。
 特に《RUM−アージェント・カオス・フォース》であれば自身の自己サルベージによりディスアドバンテージは容易に補える。
 【金華猫】《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》を出すために採用する場合、手札にダブついてしまった《クリボルト》《イービル・ソーン》デッキ戻す役割にも使える。

  • このカードの情報が初出されたYU-GI-OH.jpのページでは、『「RDM」魔法カード』の後に無意味な鍵括弧(」)が付いていたり、項目を箇条書きする時に「・」を使っていたり、公開する処理のテキストが異なっていたりと、カードテキストがかなり食い違っている。
  • 元ネタの方は「コントラクト(contract:契約する)」だったが、このカード名は「コントラクション(construct:構築する)」なので間違えない様に注意。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ゼアル・コンストラクション》 魔法 通常魔法 ゼアル

広告