《ツッパリーチ/Tilted Try》

フィールド魔法
(1):自分ドローフェイズに通常のドローをした時、
そのカード1枚を相手に見せて発動できる。
そのカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分が効果でカードをドローした時、
そのカード1枚を相手に見せて発動できる。
このカードを墓地へ送り、
見せたカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから1枚ドローする。

 BLAZING VORTEXで登場したフィールド魔法
 通常のドローをした時にそのカードデッキの一番下戻し1枚ドローする効果効果ドローした場合に自身を墓地へ送ってそのカードデッキの一番下戻し1枚ドローする効果を持つ。

 (1)は通常のドローを、(2)は効果ドローしたカード1枚を引き直せる。
 デッキの一番下に戻すため、戻したカードをまたドローすることはなく、ドローの質は上げられる。
 しかし、枚数は増えずアドバンテージは稼げない。
 また(2)の効果はこのカード墓地へ送る必要があるため、使い切りの効果になってしまう。
 フィールド魔法のサポートを使うなら1枚ドローを狙える《チキンレース》を使う方が良い。

 手札の質を上げる類似カードとしては《カードトレーダー》も存在する。
 あちらはスタンバイフェイズに一度だが、任意の手札デッキ戻し1枚ドローできるため、デッキに戻したいカードを初手に引いていてもそれを戻せる。
 一方こちらはデッキ戻すのが効果であるため、除去無効にされた場合にディスアドバンテージを負わず、使い切りになるとは言えど追加で引き直しが可能。

 《凡骨の意地》《光神テテュス》とは相性は良く、通常のドローで該当しないカードを引いたとしてもそれを戻して次の一枚を引ける。
 それらの効果でのドローの途中で該当しないカードドローしても引き直してまたドローを続けられる。
 デッキの一番下に戻したカードをまた引くことはないため、連続する確率が上がる。

  • カード名は「突っ張り」+「リーチ」を掛け合わせたもの。
    「突っ張る」はギャンブル用語で「後先考えず金を投機し勝負に出る」という意味を、「リーチ」は麻雀用語が元であり現在では「勝利まであと一歩のところ」という意味をそれぞれ指す。
  • しかし、カードの効果1:1交換を行うという麻雀における基本の動きに近いものであり、これらの用語との関連は見られない。
  • 「Tilted」は英語で「傾いた」「偏った」などの意味だがスラングとして「熱中しすぎて正常な判断ができなくなった」という意味もある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ツッパリーチ》 魔法 フィールド魔法

広告