《トランソニックバード/Transonic Bird》

儀式・効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻   0/守2400
「音速を追う者」により降臨。
(1):1ターンに1度、発動できる。
手札の儀式魔法カード1枚を相手に見せ、
そのカードにカード名が記された儀式モンスター1体をデッキから手札に加え、
見せたカードをデッキに戻す。
(2):相手ターンに1度、デッキから儀式魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
この効果は、その儀式魔法カード発動時の儀式召喚する効果と同じになる。
(3):儀式召喚したこのカードがリリースされた場合、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

 BURST OF DESTINYで登場した闇属性鳥獣族儀式モンスター
 公開した儀式魔法カード名が記された儀式モンスターサーチし、その儀式魔法デッキ戻す起動効果相手ターンデッキから儀式魔法墓地へ送ってその効果コピーする誘発即時効果儀式召喚された状態でリリースされた場合に相手フィールドのカード効果無効化する誘発効果を持つ。

 (1)は手札儀式魔法デッキ儀式モンスターの交換。
 その儀式魔法カード名が記された儀式モンスターに限られるので、構築は意識する必要がある。
 カード・アドバンテージは直接稼げないものの、(2)で墓地へ送るための儀式魔法デッキに戻せる。

 (2)は墓地へ送った儀式魔法効果コピー
 (1)でデッキに戻した儀式魔法墓地へ送り、その効果サーチした儀式モンスター儀式召喚するのが基本的な流れとなる。
 相手ターン発動する関係上、儀式召喚先は相手ターン発動適用可能な効果を持つものを選びたい。
 《霊魂鳥神−彦孔雀》《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》は特に有力な候補となるだろう。
 自分ターン儀式召喚するのが難しい《sophiaの影霊衣》を出す手段としても考えられる。

 (3)は相手フィールドのカード効果無効化。
 (2)などで相手ターンリリースする事で妨害や制圧に繋がる。

 3つの効果並びに自身の専用儀式魔法《音速を追う者》は相互間のシナジーが強い。
 (1)で(2)のお膳立てとなり、(2)による儀式召喚リリースフィールドの自身を充てる事でそのまま(3)に繋がる。
 また、《音速を追う者》効果で自身のレベルを上げられるため、高レベル儀式モンスター儀式召喚もサポートできる。

  • カード名の「トランソニック(transonic)」とは、「(音速以下で)音速に近い」という意味を持つ英単語である。
  • ザ・ヴァリュアブル・ブックEX2によると、実験で音信不通となった《ソニックバード》の息子であるとのこと。
    実験の日から数年後、倉庫で発見した古びたエンジンの設計図と父の置き手紙を元に、音速への挑戦を始めたようである。
  • 背中に付いている輪は一部のシムルグモンスターが付けているものに似ており、形状や輪の数・色も考慮すると《ダーク・シムルグ》が最も近い。
    ザ・ヴァリュアブル・ブックEX2では「霊峰に棲むという伝説の神鳥をヒントに新技術を生み出す」という記述があり、シムルグを参考にして生まれた機械であることが示唆されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:チェーンして《神の警告》発動できますか?
A:はい、発動できます。(21/07/22)


Tag: 《トランソニックバード》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 鳥獣族 攻0 守2400

広告