《ヌメロン・カオス・リチューアル》

通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示の「CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ」が
モンスターの効果で破壊されたターン、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「ヌメロン・ネットワーク」1枚と「No.」Xモンスター4体を対象として発動できる。
EXデッキから「CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス」1体を攻撃力10000/守備力1000にして特殊召喚し、
対象のカード5枚をそのX素材とする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない。

 No. COMPLETE FILE −PIECE OF MEMORIES−で登場する通常魔法
 エクストラデッキから《CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス》攻撃力10000・守備力1000の状態で特殊召喚し、発動時に対象とした墓地除外ゾーンの《ヌメロン・ネットワーク》1枚とNo.4体をそのエクシーズ素材とする効果を持つ。

 《CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス》攻撃力10000・守備力1000の状態で特殊召喚できる。
 実質、あちらを使用したい場合は必須カードに近い。

 トリガーモンスター効果による《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》効果破壊だが、このカード通常魔法であるため自分ターンにしか発動できない。
 自分ターン相手効果破壊してくれる事を期待するのは流石に現実的ではない為、基本的には自分《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》効果破壊する必要がある。
 《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》自体は《ヌメロン・ネットワーク》1枚から出せるが、《ヌメロン・ダイレクト》の制約により、そのターンにこのカード発動できない。
 その場合、《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》効果発動して次の自分ターン帰還させ、それを効果破壊することが求められる。
 【ヌメロン】と相性の良い破壊効果を持つモンスターの例としては、《ならず者傭兵部隊》《エキセントリック・デーモン》などが挙げられる。
 ただし、墓地除外ゾーンに《ヌメロン・ネットワーク》が必要なので、既に自分または相手破壊されているか、別の《ヌメロン・ネットワーク》墓地へ送る手順を踏む必要がある。
 ヌメロン通常魔法であり発動条件さえ満たしていれば《ヌメロン・ネットワーク》から起動できるため、墓地除外ゾーンへ要求する分の《ヌメロン・ネットワーク》フィールド魔法の張り替えで墓地へ送るのが手っ取り早いか。

 発動さえ出来れば、圧倒的な攻撃力を付与した状態で《CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス》を出せる。
 2種類の除去効果で相応のカード・アドバンテージを稼ぐことができ、状況次第ではそのターンでの勝利も視野に入る。
 ただし、発動までの手間、往復1ターンの時間、エクストラデッキの圧迫を考慮した上で採用すべきかはよく考える必要がある。
 《CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス》自体は特に耐性を持たず、発動ターン除去されれば召喚特殊召喚制限という重い制約のみが残る。
 また、【ヌメロン】ゲート・オブ・ヌメロン攻撃とそれらを素材にした大型リンクモンスターを出すだけでも十分に勝利が狙えるデッキであり、このカードを起点とするカードはそれらとは方向性が異なる。
 一般的な【ヌメロン】に一種の隠し味として採用することも出来るが、《CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス》に繋げる切り札に据えるのであれば、このカード発動を始めから意識した特化構築を組むのが得策といえる。

  • これを受けてか、OCG化の際に自分墓地及び除外ゾーンの両方が対象となり、劇中の流れが再現可能となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヌメロン・カオス・リチューアル》 魔法 通常魔法 ヌメロン

広告