《バーニングブラッド/Molten Destruction》

フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する炎属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
守備力は400ポイントダウンする。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場したフィールド魔法
 炎属性モンスター攻撃力全体強化し、守備力全体弱体化させる効果を持つ。

 炎属性の採用率は他の属性に比べて低く、多く採用されるモンスターフィールドに留まりにくいカードが多いため、相手モンスター効果が及ぶことは少ない。
 比較的効果を発揮しやすいのは《暗炎星−ユウシ》あたりだが、除去効果を持っている事からモンスター同士の戦闘をする事は少ない。

 リクルートの条件を満たしやすくする上に追撃が可能な《フレムベル・ヘルドッグ》との相性は非常に良い。
 相手炎属性モンスター裏側守備表示にできる《ラヴァルバル・サラマンダー》との相性も良い。
 《ジュラック・グアイバ》《エヴォルド・カシネリア》も追撃こそできないが、《エヴォルカイザー・ラギア》に繋げられ、あちらの攻撃力を補いつつ《ハーピィの羽根帚》等にも備えられる。
 その他にも炎属性には戦闘によって効果を発揮する汎用性が高いものが多いため、【炎属性】ならば投入しても損はないカードである。
 永続カードとしての利点を活かすならば、こういったモンスターを多く組み込むといいだろう。

 しかし、炎属性モンスターを展開できる場合、同じく炎属性全体強化できる《ドリトル・キメラ》リンク召喚しても同じだけ強化できる。
 炎属性カテゴリデッキでも、【炎王】なら《炎王の孤島》が、主力モンスター戦士族ドラゴン族に集中している【ラヴァル】なら《召魔装着》といった他のフィールド魔法を採用できる場合が多い。

  • イラストでは火山が噴火し溶岩が流れ出ている。
    英語名の「Molten」は「Melt(溶ける)」の過去分詞形であり「溶けた」「溶解した」を、「Destruction」は「破壊」「崩壊」を意味する。
    とはいえ、除去効果があるわけではない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXのジェネックス編における「三沢vsオベリスクブルーの生徒」戦にてオベリスクブルーの生徒が使用。
    《リトル・キメラ》との併用で炎属性全体強化を行った。

関連カード

―特定の属性モンスター攻撃力を500ポイントアップし、守備力を400ポイントダウンするフィールド魔法

―《バーニングブラッド》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《バーニングブラッド》 魔法 フィールド魔法

広告