《ヒーロー・ブラスト/Hero Blast》

通常罠
(1):自分の墓地の「E・HERO」通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、手札に加えたモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した通常罠
 墓地E・HERO通常モンスターサルベージし、その攻撃力以下の相手モンスター1体を破壊する効果を持つ。

 E・HERO通常モンスターサルベージしつつ、相手モンスター除去できる。
 フリーチェーンである事も相まって使い勝手が良く、ただ使うだけでも1枚のアドバンテージが得られる。
 さらに相手《サイクロン》などで破壊されそうになった際にチェーンすれば、実に2枚分のアドバンテージが成立する。

 破壊対象の制限から高い攻撃力を持った上級モンスターエクストラデッキモンスターには対処しにくいが、フリーチェーンの強みを活かした妨害行為には大きな力を発揮する。
 特に《E・HERO アナザー・ネオス》下級アタッカーなので事故要因になりにくい上に、高い攻撃力から大多数の下級モンスター破壊できる。
 《E・HERO スパークマン》は若干劣るが、サルベージ後に《悪魔への貢物》へ繋げば、さらなるモンスター除去特殊召喚を両立できる。
 《E・HERO ネオス》は対応モンスターの中で最も攻撃力の高いため、切り札となりうるような大型モンスター以外は破壊できる。
 チューナーや複数の同レベルモンスターなどシンクロ召喚エクシーズ召喚の素振りが見えた際に発動すれば、相手の計算を大きく狂わすことができるだろう。

 ただし、この3枚以外のE・HERO通常モンスター攻撃力がかなり落ちてしまうので、破壊できるモンスターが少ない。
 また、《O−オーバーソウル》《ミラクル・フュージョン》等と墓地リソースを食い合う点にも注意が必要である。

  • アニメでのカード名は中点のない《ヒーローブラスト》だった。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動時に対象を選択しますか?
A:自分墓地に存在するE・HERO通常モンスター1枚を対象に選択します。
  モンスター破壊効果対象をとらない効果です。(08/02/24)

Q:相手フィールドに、自分墓地に存在するE・HERO通常モンスターより攻撃力の低い表側表示モンスターが存在しない場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動できます。
  その場合、対象に選択したE・HERO通常モンスター1枚を自分手札加えるだけで処理は終わります。(10/01/22)

Q:このカードの効果モンスター1体を選択し手札に加えた後、そのモンスター攻撃力以下の相手フィールド表側表示モンスターが存在するのに破壊しないことはできますか?
A:いいえ、そのモンスター攻撃力以下の相手フィールド表側表示モンスター効果処理時に存在するのならば、1体を選択して破壊しなければいけません。(08/09/01)

Q:このカードの発動に対して《我が身を盾に》《スターダスト・ドラゴン》などを発動できますか?
A:対象にしたモンスター攻撃力以下のモンスター相手フィールドに存在する場合であればできます。(13/02/18)

Q:墓地から手札加えるのはコストですか?
A:効果です。(10/03/15)

Q:効果処理時対象に選択したE・HERO通常モンスター墓地に存在しなくなった場合、相手モンスター破壊できますか?
A:できません。(10/01/16)

Q:手札加える効果破壊する効果は同時処理ですか?
A:手札に加えた後モンスター破壊します。(13/03/27)


Tag: 《ヒーロー・ブラスト》 通常罠

広告