《フリント・クラッガー/Flint Cragger》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 800/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨て、EXデッキから「化石」融合モンスター1体を墓地へ送る。
(2):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
相手に500ダメージを与える。
自分の墓地に「化石融合−フォッシル・フュージョン」が存在する場合、
さらに除外されている自分の、「化石融合−フォッシル・フュージョン」1枚または
そのカード名が記されたカード1枚を選んで墓地に戻す事ができる。

 PREMIUM PACK 2021で登場した地属性岩石族下級モンスター
 特殊召喚に成功した場合に手札を1枚捨てエクストラデッキから化石融合モンスター墓地へ送る誘発効果フィールドの自身を墓地へ送り相手に500バーンを与え、更に墓地《化石融合−フォッシル・フュージョン》が存在するなら除外されている《化石融合−フォッシル・フュージョン》あるいはそのカード名が記されたカード墓地に戻す起動効果を持つ。

 (1)は手札を1枚捨ててエクストラデッキから化石墓地へ送る効果
 特殊召喚に成功した場合の効果であるが、自己特殊召喚効果を持たず化石関連のカードにも特殊召喚効果がないため、テーマ外のカードの効果特殊召喚する必要がある。
 下級アダマシアの共通効果《魔救の息吹》などの効果を使って上手く特殊召喚につなぎたい。
 手札を1枚捨てる必要があるが、新生代(レベル4)・中生代(レベル6)の化石墓地効果によりディスアドバンテージを回復できる。
 墓地効果は持たないものの古生代(レベル8)の化石墓地へ送り《化石融合−フォッシル・フュージョン》融合素材とするのもよい。
 手札捨てるのは効果処理なので、《風化戦士》《シェル・ナイト》を選べば効果トリガーとなりアドバンテージを得られる。

 (2)は自身をコストにしたバーンだが、それだけではカード1枚の消費に見合わない。
 一応、最序盤など墓地が肥えていない状況なら、《化石融合−フォッシル・フュージョン》による融合召喚の準備を整える為、自身を能動的に墓地へ送る手段として利用はできる。
 ただ、基本的には墓地《化石融合−フォッシル・フュージョン》が存在する状況で発動して、追加効果墓地に戻す効果の適用を狙いたい。
 上記で述べた化石墓地効果の再発動を狙ったり、改めて《化石融合−フォッシル・フュージョン》融合素材として除外したい。
 蘇生制限を満たした化石が複数墓地に存在するのならば、《タイム・ストリーム》戻して蘇生を狙うのも良い。
 《シェル・ナイト》と同様、終盤の詰めでは《風化戦士》からサーチして止めを刺すことでバーンダメージも活用できなくはない。

  • 名前の由来は「フリント」+「クラッグ/crag」(ごつごつした岩)か。
    全体的なデザインとしては獣脚類の肉食恐竜化石といった風貌だが、頭部にある耳のような装飾や鼻先の巨大な一本角といった特徴に合致する実在の恐竜は存在せず、独自のデザインとなっている。
  • アニメで登場した際も、その意味通り、石でできた自身の口を打ち鳴らして火の玉を放っていた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《フリント・クラッガー》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 岩石族 攻800 守1600

広告