《フレイム・アドミニスター/Flame Administrator》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:左/右下】
サイバース族モンスター2体
(1):「フレイム・アドミニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は800アップする。

 EXTREME FORCEで登場した炎属性サイバース族リンクモンスター
 自分フィールド1体しか存在できない分類されない効果リンクモンスター全体強化する永続効果を持つ。

 リンク素材縛りの関係上、基本的には【サイバース族】での使用となる。
 全体強化数値は800となかなかに高く、リンク数が軽いのもあって出しやすい。
 このモンスター自身にも適用されるため、基本攻撃力は2000となる。
 サイバース族リンクモンスターの数も多いため、リンクモンスターを並べる構築では戦線強化に貢献する。
 逆に単体では攻撃力2000のバニラでしかないので、良くも悪くも他のリンクモンスターの存在が必要不可欠となる。
 《トランスコード・トーカー》はこのカードを素材としてリンク召喚でき、効果でこのカード蘇生できるので相性が良い。

 サイバース族2体で特殊召喚できる炎属性なので、【サラマングレイト】《レディ・デバッガー》《バックアップ・セクレタリー》などの展開手段を組み込む際には活用できる。
 【サラマングレイト】の軸となる《転生炎獣ヒートライオ》リンク素材炎属性効果モンスターを指定しており、上記の展開手段からは直接リンク召喚できないためである。
 役割としては《トロイメア・フェニックス》と被っているが、このモンスターサイバース族サポートを共有できる利点がある。

  • 同名カードの存在を制限しているのは、複数並べて簡単に高攻撃力となるのを防ぐためか。
  • 「Administer(アドミニスター)」は英語で「管理する」という動詞で、カード名を直訳すると「炎が管理する」という文章になるが意味が通らない。
    おそらく、英語名に使われている「アドミニストレーター(Administrator)」に由来するものだろう。
    「管理者」を意味する英単語で、PC用語ではコンピューターの設定を変更する権限を有する上位権限「管理者権限」を指す。
    セキュリティの観点から一般的にアドミニストレーター権限を持つのは1人だけとすることも多く、(1)の効果はこのことを意識しているのだと思われる。
  • 「フレイム(Flame)」は「」を意味する。
    PC用語ではマルウェアの名前や携帯端末の名前として存在する他、インターネット上の「炎上」やその原因となる書き込みも指す。
  • 同作においてPlaymakerが使用した通常罠《リンク・サージ・カウンター》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《フレイム・アドミニスター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 サイバース族 攻1200

広告