《ペンギン勇者(ゆうしゃ)

シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/水族/攻2400/守1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ペンギン」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの裏側守備表示モンスターは相手の効果の対象にならない。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
自分フィールドの裏側守備表示の水属性モンスター1体を選んで表側守備表示にする。

 PHANTOM RAGEで登場した水属性水族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合にペンギン裏側守備表示リクルートする誘発効果自分裏側表示モンスター対象耐性を付与する永続効果相手モンスター効果の発動時に自分裏側表示水属性表側守備表示にする誘発即時効果を持つ。

 【ペンギン】においてはレベルチューナー《極氷獣ポーラ・ペンギン》シンクロ素材に使いやすい。
 あちらの特殊召喚時の効果トリガー《否定ペンギン》自己再生できればカードの消費を抑えて出せる。
 《大皇帝ペンギン》《極氷獣ポーラ・ペンギン》《否定ペンギン》リクルートしても良いだろう。
 シンクロ素材として墓地へ送られた《否定ペンギン》は次のターンのこのカードの(3)で再度自己再生が狙える。

 3つの効果はお互いのシナジーが強い。
 (1)でリバース時の効果を持つペンギンリクルートし、(2)でそれを相手効果による除去から守る。
 そして相手モンスター効果の発動時に(3)でそれをリバースしてその効果発動し、相手を妨害していける。

 リクルート先はバウンスが行える《ペンギン・ソルジャー》《ペンギン・ナイトメア》が筆頭候補か。
 この際、このカードシンクロ素材に使った《否定ペンギン》自己再生する事で除外に変換できるので、アドバンテージも取りやすい。

 《太陽の書》などの何らかのリバース手段を別に持つのならば、(1)で【ペンギン】キーカードたる《大皇帝ペンギン》リクルートするのも良い。
 リバースした《大皇帝ペンギン》効果発動する事で更に2体のペンギンリクルートでき、大量展開に繋がる。

 (3)でリバースさせるのは水属性であれば良く、ペンギン以外の《スノーマンイーター》などの効果を活かすことも可能。
 特殊召喚する効果にあわせて《豪雨の結界像》などをリバースさせて特殊召喚を妨害するといった動きも可能。

 シンクロ素材縛りはなく、(2)の効果【ペンギン】以外でも機能するため、リバースモンスターを多用するシンクロ召喚デッキに採用してもよい。
 リバースモンスターが多くチューナーも存在する【シャドール】や、あるいは【サブテラー】【ティンダングル】などに汎用性の高いチューナーを採用してシンクロ召喚ギミックを混ぜるのも面白いだろう。
 事故の危険はあるが、ペンギンの中では単体で機能させやすい《ペンギン・ソルジャー》ピン挿ししておけば、シンクロ召喚時のリクルートからアドバンテージも稼げる。

  • イラストでは、5羽のペンギンがRPGのようなパーティを組んでいる姿が描かれている。
    • 公式Twitterでは設定画が公開されており、左から武闘家(イワトビペンギン)・忍者(ケープペンギン)・勇者(マカロニペンギン)・僧侶(ジェンツーペンギン)・魔法使い(コウテイペンギンの子供)とのこと。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ペンギン勇者》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星6 水属性 水族 攻2400 守1200 ペンギン

広告