《ユニオン・パイロット》

ユニオン・効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、以下の効果を1つ発動できる。
●自分フィールドの効果モンスター1体を対象とし、このカードを装備魔法扱いで装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備状態のこのカードを特殊召喚する。
(2):装備状態のこのカードを手札に戻して発動できる。
自分のモンスター1体に、装備可能な除外状態のユニオンモンスター1体を、
その効果による装備魔法カード扱いで装備し、このカードを自分の手札から特殊召喚する。

 RAGE OF THE ABYSSで登場する光属性機械族上級ユニオンモンスター
 効果モンスター装備できるユニオンで、ユニオン共通の装備カードになる効果装備カードから特殊召喚する効果装備カード状態の自身をバウンスして自分モンスター1体に装備可能な除外状態のユニオン装備し、このカード手札から特殊召喚する効果を持つ。

 (1)はユニオンの共通効果

 (2)は自分モンスター除外状態のユニオン装備し、このカード手札を経由して特殊召喚する効果
 除外状態から装備するという条件によって装備先は除外機会の多いABCVWXYZリメイクXYZ《ユニオン・ドライバー》などになるか。
 特に《ユニオン・ドライバー》はすぐにあちらの効果を使用することで、実質デッキから下級ユニオン装備する効果として扱える。
 自身は一旦手札を経由するため、特殊召喚後は(1)の効果を再び発動することも可能だが、その場合(2)の効果ターンを跨がなければ発動できない。

 《ユニオン・ドライバー》とは同じ機械族レベル5という点でも相性が良く、装備したあちらを特殊召喚すれば2体で《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》から《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》に繋がる。

 (2)は便利なのだが、このカード自身が上級モンスターである点がややネック。
 運用のためには《X−クロス・キャノン》によってデッキから直接装備する、あるいは《C−クラッシュ・ワイバーン》での特殊召喚を狙うなどのサポートは必要だろう。
 なお、相性がよい《ユニオン・ドライバー》はあちらの効果レベルの制限があり、このカードデッキから装備できないことに注意が必要である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ユニオン・パイロット》 モンスター ユニオンモンスター 効果モンスター 星5 光属性 機械族 攻2100 守1000

広告