《リモート・リボーン/Remote Rebirth》

通常罠
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドのリンクモンスターのリンク先となる
相手のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。

 CIRCUIT BREAKで登場した通常罠
 自分リンク先となる相手メインモンスターゾーンモンスター蘇生させる効果を持つ。

 その効果から、エクストラモンスターゾーン相手フィールドリンクマーカーが向いたモンスターを出す必要がある。
 リンク先にしかモンスターを出せないため、ほとんどの状況において《ミス・リバイブ》下位互換である。
 その《ミス・リバイブ》《ギブ&テイク》のほぼ下位互換という評価であり、このカードの立ち位置は非常に厳しい。

 《ギブ&テイク》《ミス・リバイブ》と異なり、表側攻撃表示特殊召喚できるので、蘇生したモンスターサンドバッグにできる。
 《デコード・トーカー・エクステンド》リンク先特殊召喚すれば攻撃力が上がり、それを戦闘破壊すれば続けて攻撃できるので相性が良い。
 また守備表示にできないリンクモンスター蘇生できるのも上記2枚にはできない動きであり、上向きのリンクマーカーを持つリンクモンスター蘇生させれば相互リンク数を増やせる。
 《アカシック・マジシャン》《V−LAN ヒドラ》など、なるべく相手モンスター相互リンクしたいリンクモンスターのサポートができる。

 しかし結局のところ、《ミス・リバイブ》と同様に相手墓地に利用したいモンスターが存在していなければ成立しないコンボなので安定性が皆無である。
 相手フィールドモンスター送りつける方がまだ楽だろう。

 送りつけ等ではできない使い方としては、《トポロジック・トゥリスバエナ》とのコンボが挙げられる。
 このカードを使えば相手モンスター《トポロジック・トゥリスバエナ》効果発動条件を満たせるため、相手墓地に存在したモンスター除外でき、相手に与えるダメージも増やせる。
 ただ、同様の事が《天龍雪獄》でも可能であり、あちらは《トポロジック・トゥリスバエナ》を使わずとも除外できる可能性がある。
 こちらは自分フィールドに向いたリンク先が埋まっている場合でも使用できるが、扱いやすさは大きく水をあけられてしまっている。

 《転晶のコーディネラル》リンク先蘇生させ、そのままコントロール交換して攻撃する手は考えられる。
 送りつけも兼ねられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《リモート・リボーン》 通常罠

広告