《ワーニングポイント》

通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは攻撃できず、効果は無効化され、
融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。

 PHANTOM RAGEで登場する通常罠
 モンスター召喚反転召喚特殊召喚時に発動でき、そのモンスター効果無効にし攻撃及び各種素材となるのを封じる。

 トリガーとなったモンスターはこのターン攻撃と各種素材化を封じられ、効果無効化されるため処理が難しくなり棒立ちになりやすい。
 攻撃表示で出された弱小モンスターに対して発動すれば、返しの自分ターン攻撃の格好の的となる。

 しかし、リリースや各種カードコストとして処理されるリスクがある。
 そもそも、各種素材の利用を封じるのならば、始めからそのモンスター除去してしまった方が手っ取り早く、ボード・アドバンテージの面でも優れる。
 対象をとらない効果である点や、複数のモンスター特殊召喚に対応する点を活かしたい。
 《クラスター・ペンデュラム》等、相手モンスターを残す意義があるカードと組み合わせるのも手か。

 ただ、素材への転用と攻撃効果を封じてフィールドを圧迫させたいのなら裏側守備表示にする《底なし落とし穴》も存在する。
 あちらは次のターン以降もセット状態が保たれるため永続効果にも強く、落とし穴サポートにも対応する。
 また、同じ裏側守備表示にするカードとして、フリーチェーン発動でき、時には自分のモンスターを守れる《月の書》の存在も大きい。
 こちらを優先するのならば融合素材にできない点や攻撃表示を保てる点を活かしたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ワーニングポイント》 通常罠

広告