《ワン・バイ・ワン》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドからモンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
墓地へ送ったモンスター以外のレベル1モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した通常罠
 手札フィールドモンスター墓地へ送ることで墓地除外ゾーンからレベルモンスターサルベージする効果を持つ。

 コストにしたモンスター以外のレベル1を墓地除外ゾーンよりサルベージできる。
 普通に使うと2:1交換ディスアドバンテージになるのが大きな欠点。
 一応、相手除去チェーンしたり、墓地効果を持つものをコストにするなどの工夫をすればディスアドバンテージは補える。

 墓地から回収するのならば、同じ2:1交換ながらタイムラグなくサルベージできる《死者転生》のほうが使いやすい。
 その他、闇属性なら《ダーク・バースト》《悪夢再び》水属性なら《サルベージ》などの選択肢も存在する。
 フィールドモンスター墓地へ送れる点やフリーチェーン発動できる点は差異となるが、分が悪いのは否めないだろう。
 除外ゾーンからのサルベージを行う場合、特殊召喚モンスターでない限り《竜嵐還帰》によるバウンスを狙う方が消費を抑えやすい。
 そのため、あえてこちらを使う場合は相手ターンに直接手札に回収できる点を活用したい。
 ここぞというタイミングで《エフェクト・ヴェーラー》等の手札誘発を回収し、その効果で妨害すれば相手の計算を狂わせられる。

 自壊してしまうモンスターデメリット付きのモンスターを使うデッキならばコストに関しては気になりにくい。
 【時械神】は放っておいてもスタンバイフェイズデッキバウンスされるので気兼ねなく使用でき、キーカード《時械巫女》を再利用できる。
 リクルート効果を使ったために除外された《時械巫女》を回収できるのは他のカード無い利点と言えよう。
 墓地からも回収できるため、サーチのために墓地に置いただけのものでも回収できる点で《救援光》よりも使えない機会は少ない。

  • 「ワン・バイ・ワン(one by one)」は「一つずつ」という意味。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ワン・バイ・ワン》 通常罠

広告