《ヴァリアンツ(ヴォルテージ)−ヴァイカント》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1400/守1400
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヴァリアンツ」モンスターしか特殊召喚できない(EXデッキからの特殊召喚は除く)。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで
自分の魔法&罠ゾーンに永続魔法カード扱いとして表側表示で置く。
(2):モンスターゾーンのこのカードが他のモンスターゾーンに移動した場合に発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場する炎属性機械族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラムゾーンの自身を正面に特殊召喚するペンデュラム効果エクストラデッキヴァリアンツ魔法&罠ゾーン永続魔法扱いで置く効果エクストラデッキヴァリアンツペンデュラムゾーン置く効果を持つ。

 ペンデュラム効果及び(2)のトリガーとしてカードの位置を移動させる方法は《ヴァリアンツの巫女−東雲》を参照。

 (1)(2)のモンスター効果は、エクストラデッキ表側表示ヴァリアンツフィールド置く効果
 違いは、(1)は魔法&罠ゾーン全体から選べる代わりに永続魔法扱いで置くのに対し、(2)はペンデュラムゾーンに限定されている点。
 (1)で両端のゾーンに配置しても、永続魔法扱いではペンデュラム効果発動させる事はできないので、ペンデュラム効果狙いならば(2)で置く必要がある。

 ヴァリアンツは各自のペンデュラム効果や各効果魔法&罠ゾーンからの展開を得意するので、そのサポートとなる。
 その他、《ヴァリアンツの武者−北条》の(1)などのバウンス効果コンボして、手札に回収する使い方も考えられる。

  • 「ヴァイカント」とは、英語で「子爵」を意味する。
    「子爵」は爵位で下から2番目に低い階級である。
    なお、発音としては「ヴァイカウント」が近く、「カウント(伯爵)」よりひとつ下と言う意味合いになる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴァリアンツV−ヴァイカント》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 炎属性 機械族 攻1400 守1400 スケール1 ヴァリアンツ

広告