《ヴリトラ・マギストス》

 ※カード名に機種依存文字を含むため、ルビでページを作成しています。
 正しくは絶火の※現(ヴリトラ・マギストス)(※は「示偏に天」)。

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のレベル4以下の「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」カードが相手の効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズで登場した通常魔法
 レベル4以下のマギストスモンスター蘇生する効果自分魔法&罠ゾーンマギストスカード相手効果破壊される場合、墓地のこのカード身代わり除外できる効果を持つ。

 (1)は下級マギストス蘇生する効果
 効果無効にならないため、蘇生したモンスター効果を活かしつつ素材として利用できる。

 (2)は身代わり効果
 装備カードとなったマギストスモンスターカード《三賢者の書》などを破壊から守ることができる。

  • カード名に使用されている漢字の「示偏に天」は、「教」を付ける形で使用することでゾロアスター教自体を意味する語となる。
  • ルビの「ヴリトラ」とはインドの聖典に登場する蛇の怪物。
    インドラとは敵対関係にあり、最終的にインドラに殺される。
    • 《絶火の竜神ヴァフラム》イラストに描かれている事から、直接的なカード名のモチーフはヴァフラムの別称の一つである「ウルスラグナ」であると思われる。
      ウルスラグナは「障害を打ち破る者」を意味する名前であり、上述したインドラが持つ別称の一つである「ヴリトラハン(ヴリトラを殺す者の意)」と語源を同じくする。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ヴリトラ・マギストス》 魔法 通常魔法 マギストス

広告