逢華妖麗譚(おうかようれいたん)魔妖不知火語(まやかししらぬいがたり)/Ghost Meets Girl - A Masterful Mayakashi Shiranui Saga》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの、「魔妖」S・リンクモンスターまたは「不知火」S・リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、お互いに手札・デッキ・EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

 SECRET SHINY BOXで登場した通常罠
 魔妖または不知火シンクロリンクモンスターリリースする事で、そのターンお互い手札デッキエクストラデッキからの特殊召喚を封殺する効果、自身を墓地コスト除外されたアンデット族1体を墓地に戻す効果を持つ。

 (1)は発動ターンにおけるお互い特殊召喚の封殺。
 手札デッキエクストラデッキからに限定されているが影響を受けるデッキは非常に多く、相手メインフェイズ前に発動すればそのターン相手の行動を大幅に制限できる。
 特に後攻ターン目に発動できればほぼ何も行動できずにターンを終える事も生じ、先攻ターン目での勝利も十分に狙える。
 自分も影響は受けるが、蘇生帰還は制限を受けないため、それらの行為を得意する【アンデット族】などはこの制限下でもある程度は動けるだろう。
 ただし、相手にも同じことが言えるので、相手デッキ次第では払ったコストに見合ったリターンが得られない可能性もある。

 似た効果を持つ《重力崩壊》と比べると、コスト魔妖不知火限定だがリンクモンスターでも良いこと、フリーチェーンであること、《魔妖廻天》《魔妖遊行》《不知火の鍛師》サーチできることが挙げられ、(2)の効果もあるため差別化は容易。

 (2)は除外されたアンデット族墓地に戻す効果
 アンデット族には《馬頭鬼》を始めとして墓地から除外して発動する効果が多く、それらの使い回しを狙える。
 相手によって除外されたアンデット族墓地に戻す事で、豊富な蘇生手段による再利用を狙うのも良いだろう。
 (1)とは同一ターンに使用できないため、基本的に相手ターンで(1)を使用し、こちらは自分ターンでの使用となる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《逢華妖麗譚−魔妖不知火語》 通常罠 魔妖 不知火

広告