暗黒騎士(あんこくきし)ガイアソルジャー/Soldier Gaia The Fierce Knight》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2600/守2100
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのドラゴン族の融合モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
(3):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「暗黒騎士ガイアソルジャー」以外のレベル7以上の戦士族モンスター1体を手札に加える。

 RISE OF THE DUELISTで登場した闇属性戦士族最上級モンスター
 ドラゴン族融合モンスターリリースして自身を特殊召喚する誘発即時効果特殊召喚に成功した場合にモンスター1体を守備表示に変える誘発効果、自身をリリースして戦士族サーチする起動効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚
 単独で(2)の効果に繋げられるが、そのためのコストがやや重いのがネック。
 誘発即時効果であることを生かした、除去されそうになった際のサクリファイス・エスケープや、攻撃が終わった融合モンスターリリースして特殊召喚してからの追撃が主な用途となるだろう。
 能動的に使う場合、《簡易融合》《ドラゴンに乗るワイバーン》《暗黒火炎龍》を用意するのが手っ取り早い。
 とはいえ《砲撃のカタパルト・タートル》でのリクルートを行う方が、《簡易融合》などのようなライフコストもない分楽である。

 (2)は特殊召喚成功時に相手モンスター1体を守備表示にする効果
 しかし、このカード自身は貫通を持っているわけでもなく、《螺旋槍殺》にも対応していないため、単独では守備力2600未満を処理できるようになるだけでしかない。
 また、同じデッキで用い(1)のコストにもなるであろう《天翔の竜騎士ガイア》はタイミングが異なるが表示形式変更を持っており、よりこの効果の意義は薄い。
 サクリファイス・エスケープの場合、除去の回避に加え、リンクモンスター以外1体の攻撃を封じるため、防御札としてはあって損はない。

 (3)は自身をリリースしてのレベル7以上の戦士族サーチ
 最上級モンスターリリースしておきながらリクルートではないため、基本的にコストパフォーマンスは非常に悪い。
 (1)による特殊召喚も、サーチのための消費としては割に合うとは言い難く、基本的にはサクリファイス・エスケープからの反撃の糸口としての運用となるだろう。
 暗黒騎士ガイアはそれぞれにリリース軽減・特殊召喚の条件や他の効果が異なるため、場面に応じて選びうまく展開につなげたい。

 範囲はレベル7以上の戦士族と広いため、暗黒騎士ガイア以外の最上級戦士族を切札とするデッキでもサーチのために採用を検討できる。
 上述の《砲撃のカタパルト・タートル》を経由すれば、召喚権の消費で済む。

 他の暗黒騎士ガイアと比較するとレベル8であるためカオス・ソルジャー儀式召喚を1枚で賄うことができる。
 (3)の対象となる《聖戦士カオス・ソルジャー》暗黒騎士ガイアと組み合わせやすく、《混沌の場》から容易にサーチできるので暗黒騎士ガイア軸の【カオス・ソルジャー】の安定性を上げてくれる。
 また、《砲撃のカタパルト・タートル》に対応する中では最も攻撃力が高いので、それを採用するデッキなら単純にアタッカーとして使うことも考えられる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《暗黒騎士ガイアソルジャー》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻2600 守2100 暗黒騎士ガイア

広告