異次元(いじげん)への隙間(すきま)/Crevice Into the Different Dimension》

通常罠
属性を1つ宣言し、お互いの墓地に存在する
宣言した属性のモンスターを合計2体選択して発動する。
選択したモンスターをゲームから除外する。

 THE SHINING DARKNESSで登場した通常罠
 宣言した属性モンスター墓地から除外する効果を持つ。

 フリーチェーン墓地モンスター除外できるので、蘇生サルベージの妨害が可能。
 一度に2体除外できるのは《D.D.クロウ》《墓穴の指名者》に勝るのだが、2体の属性が同じでなければならないという欠点がある。
 相手が複数の属性を使うデッキだった場合、除外したいモンスターを選べず腐る可能性がでてくる。
 一応自分墓地に同属性モンスターがいれば、狙いの属性相手墓地に1体だけでもペアにして除外できるので、腐らせないための選択肢として覚えておくとよい。

 一方で相手属性統一デッキならば序盤以外なら発動機会には困らず、妨害カードとして十分に働いてくれるだろう。
 メタを読んで使用するサイドデッキ向けのカードと言える。

 同じくフリーチェーンで2枚の墓地利用妨害ができるカードには、除外ではなくデッキ戻す《転生の予言》が存在する。
 あちらは属性の条件などもなく魔法・罠カードにも対応するのでこちらより使いやすいが、サーチリクルートによって再利用される恐れがある。
 相手デッキによって使い分けたり、片方をもう片方の4枚目以降として採用してもいいだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分墓地から2体と相手墓地から2体で合計4体除外するのですか?
  それとも自分相手墓地から合計2体を除外するのですか?
A:全てあわせて合計2枚です。(10/02/20)

Q:相手または自分墓地モンスターだけ除外することはできますか?
A:はい、できます。(10/02/20)

Q:宣言して選択した属性モンスターチェーンされて片方除外された場合、残りはどうしますか?
A:効果処理時に残りを除外します。(10/02/20)

Q:自分墓地モンスターがなく、相手墓地闇属性が2体いるとします。
  このカード発動できますか?
A:できます。(10/06/10)


Tag: 《異次元への隙間》 通常罠

広告