炎王(えんおう)急襲(きゅうしゅう)/Onslaught of the Fire Kings》

通常魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
エンドフェイズ時に破壊される。
「炎王の急襲」は1ターンに1枚しか発動できない。

 ストラクチャーデッキ−炎王の急襲−で登場した通常魔法
 特定の条件を満たした場合、炎属性獣族獣戦士族鳥獣族を1ターン限定でリクルートする効果を持つ。

 発動条件《サイバー・ドラゴン》等と同様であり、比較的満たしやすい。
 1ターンの枚数制限も、1枚目でリクルートした時点で後続の発動条件は満たされなくなるので、そこまで気にする必要もないだろう。
 炎王の名を持つため、《炎王獣 バロン》で容易にサーチできる。

 リクルートしたモンスターには効果無効エンドフェイズ自壊の2つのデメリットが付与される。
 攻撃に制限はないのでアタッカーにしたり、各種素材やリリースとしても利用できる。
 炎王《ネフティスの鳳凰神》といった破壊された場合の効果を持つものなら自壊デメリットにならないので、それらとのコンボを狙うのも良い。

 獣族ならば《キャトルミューティレーション》デメリットを回避しつつ2回攻撃が狙える他、自壊しても《森の番人グリーン・バブーン》につなげられる。
 鳥獣族ならば《キャトルミューティレーション》と同様に使える《スワローズ・ネスト》や、自壊前に《ゴッドバードアタック》に活用してしまえば無駄が少ない。
 3つの種族全てを自己再生コストに利用できる《暗黒のマンティコア》リクルートするのも良い。

関連カード

イラスト関連

リクルート可能なモンスター

獣戦士族

獣族

鳥獣族

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズ時に破壊される効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/12/08)

Q:墓地発動する効果無効になりますか?
A:墓地発動する効果は、無効になりません。(12/12/08)

Q:破壊する処理は、「カードの効果破壊」される扱いですか?
A:はい、効果破壊される扱いとなります。(12/12/08)

Q:《禁じられた聖槍》破壊を回避できますか?
A:特殊召喚した時点でモンスターはこのカードが持つ効果を受けているため、後から《禁じられた聖槍》効果適用しても破壊を回避する事ができません。(12/12/08)

Q:このカード効果特殊召喚したモンスター《バスター・ショットマン》装備させそのエンドフェイズ《バスター・ショットマン》身代わり効果破壊されなかった場合、次のターンエンドフェイズにこのカード効果特殊召喚したモンスター破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/12/09)

Q:《炎王の急襲》の発動《神の宣告》などの効果無効にされた場合、同じターンに《炎王の急襲》を発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/09)

Q:効果処理時自分の場にモンスターがいる場合、特殊召喚は行われますか?
A:はい、行われます。(12/12/10)

Q:効果処理時自分の場にメインモンスターゾーンの空きがない場合は特殊召喚を行いますか?
A:いいえ、効果処理時メインモンスターゾーンに空きがないため、デッキからモンスターを選ぶことも特殊召喚も行わず、モンスターデッキに残ったままとなります。(13/03/17)

Q:このカード効果特殊召喚したモンスターに対して、エンドフェイズ相手《強制脱出装置》などを発動できますか?
A:ターンプレイヤー優先権を行使し、先に《炎王の急襲》の処理を行った場合チェーンブロックを作らないため、そのモンスター対象発動することはできません。
  しかし、優先権を放棄した場合、相手《強制脱出装置》などをそのモンスター対象発動することができます。(13/04/17)


Tag: 《炎王の急襲》 魔法 通常魔法 炎王

広告