焔聖騎士(えんせいきし)−アストルフォ》

効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを除外したモンスターと同じにできる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、除外されているこのカードを特殊召喚する。
その後、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、戦士族・炎属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 RISE OF THE DUELISTで登場した炎属性戦士族下級モンスター
 炎属性戦士族手札墓地から除外して自身を特殊召喚除外したモンスターと同じレベルになれる起動効果墓地の自身を除外して2回目の自分スタンバイフェイズ帰還し、その後墓地除外ゾーンの炎属性戦士族1体を特殊召喚できる起動効果を持つ。

 (1)は手札からの自己特殊召喚効果
 手札からも除外できるが、アドバンテージ面を考慮すると基本的に墓地から除外コストを捻出したい。
 その後除外したモンスターと同じレベルに出来るため、素材として幅広い運用を行いやすい。
 またレベル変更は任意であるためレベル1のままが扱いやすければ適用しなくてもよい。

 (2)は自身の帰還炎属性戦士族1体の墓地除外ゾーンからの特殊召喚効果
 発動後2回目の自分スタンバイフェイズに2体ものモンスターフィールド特殊召喚できる。
 特殊召喚のタイミングは非常に遅いが、自身を墓地から除外する以外のコストもないため、とりあえず発動しておいて損はないだろう。

 どちらの効果デュエル中に1度しか使用できない制約を持つ。
 そのため複数枚採用しても2枚目以降は腐りやすいため、基本的にピン挿しで良いだろう。

  • 「アストルフォ(Astolfo)」とは『ローランの歌』の登場人物の一人。
    ローランとはいとこ同士という関係である。
    騎士としてそれほど優れていたわけではなかったが、偶然で魔法の槍や角笛などを入手し、それらを有効活用することで武勲をあげるようになった。
  • 『狂えるオルランド』において、アストルフォが月を旅してローランの理性を取り戻したというエピソードがある。
    イラストの背景に描かれている月や、(2)の効果はその冒険譚に由来すると思われる。
  • 効果デュエル中に1度しか使用できない制約があるのは、彼が入手したアイテムを他の者に明け渡してしまったことの再現だろうか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《焔聖騎士−アストルフォ》 効果モンスター モンスター 星1 炎属性 戦士族 攻500 守200 聖騎士

広告