黄金の征服王(エル・ドラド・アデランタード)/El Dorado Adelantado》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「エルドリッチ」モンスターが存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●除外されている自分の「エルドリクシル」魔法・罠カード3種類を1枚ずつ選んでデッキに戻し、
フィールドのカードを全て破壊する。
●除外されている自分の「黄金郷」魔法・罠カード3種類を1枚ずつ選んでデッキに戻し、
相手のLPを半分にする。
その後、相手のLPの数値分だけ自分のLPを回復する。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場した通常罠
 エルドリッチモンスターが存在する場合に2つの効果から1つを選択して発動する効果を持つ。

 発動条件エルドリッチモンスターが指定されている。
 このカード腐らせないためにも、エルドリクシルや汎用アンデット族サポート等で発動条件を整えたい。
 さらに1つ目の効果エルドリクシル魔法・罠カード3種を、2つ目の効果黄金郷魔法・罠カード3種をそれぞれ除外ゾーンからデッキ戻す必要がある。
 どちらも自身を除外して発動する効果を持つが、それらは除外できる効果とは別に効果を持ち1ターンに1度どちらかしか発動できないため、3種類の除外は狙わないと中々達成できないだろう。
 速やかに条件を満たしたいのならば、手札デッキから直接墓地へ送って除外すると良いだろう。
 《名推理》《モンスターゲート》なら《黄金卿エルドリッチ》特殊召喚しつつ魔法・罠カード墓地へ送る事が可能。
 《マジック・クロニクル》なら即座に3種類除外できるため、特化するなら併用するのもよい。

 1つ目の効果除外されているエルドリクシル3種をデッキ戻しフィールドのカードを全て破壊する効果
 全体除去できるが、自分フィールドのカードも全て破壊するため相手ターン発動する場合には相手の切り返し次第でそのまま敗北しかねない。
 自分ターン発動する場合には、逆に一気に勝負を決めることもできるが、罠カードであるこのカードの遅さがネックになる。
 《黄金狂エルドリッチ》《黄金卿エルドリッチ》の(2)の効果特殊召喚したモンスター破壊耐性をもつため、どちらのターン発動するにせよその効果特殊召喚した《黄金卿エルドリッチ》発動条件を満たしたい。

 2つ目の効果除外されている黄金郷3種をデッキ戻し相手ライフポイントを半分にし、その後相手ライフポイント分自身のライフ回復する効果
 大きくライフ・アドバンテージを得られるが、1つ目の効果と異なりフィールドには一切干渉できない。
 《黄金卿エルドリッチ》と他のレベル10モンスター《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》特殊召喚できる態勢が整っているなら、それをエンドカードにするための補助にできる。
 ランク2であり併用するためには構築を工夫する必要はあるが、《No.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター》が存在している状態で発動できればあちらのバーンにより即勝利できる。
 1つ目に比べて発動タイミングを選ばずに使いやすいため、セットしたこのカードが狙われた場合にとりあえず発動するという使い方も取りやすい。

 このカード自体はカテゴリに属さないが、《紅き血染めのエルドリクシル》とも共有できる《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》でのサーチは可能。
 複数採用する必要はあるが、《黄金卿エルドリッチ》コストに使えるので腐る可能性は抑えられる。

  • 「アデランタード」とは、コンキスタドールにスペイン国王が与えた官職名であり、日本語では先遣都督などと訳される。
    新大陸(アメリカ)における征服などの軍事活動を行える権限を持っていた。
    「エル・ドラド(エル・ドラードとも)」については黄金郷を参照。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《黄金の征服王》 通常罠

広告