機巧辰(きこうしん)高闇御津羽(タカクラミツハノ)オカミ/Gizmek Okami, the Dreaded Deluge Dragon》

 ※「オカミ」は機種依存文字のため、ルビで代用しています。正しくは「雨冠に龍」。

効果モンスター
星10/水属性/機械族/攻2950/守2950
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1500LPを払って発動できる。
EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターを全て破壊する。
このターン、自分はモンスター1体でしか攻撃できない。
(3):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
相手の墓地のモンスター1体を選んで除外する。
その後、その攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

 RISE OF THE DUELISTで登場した水属性機械族最上級モンスター
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが2体以上存在する場合に自身を特殊召喚できる起動効果ライフコスト全体除去を行う起動効果相手によって墓地へ送られた場合に相手墓地モンスター除外してライフ回復を行う誘発効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚効果
 発動条件は「エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターフィールドに2体以上」であり、どちらのモンスターでも満たせる。
 相手モンスターが2体以上存在するならそのまま(2)の効果に繋ぐことも可能。
 自分モンスターを並べて出す場合、相手フィールドに該当のモンスターが存在しないなら(2)を使う必要はなく、お互いフィールドに1体ずつでも1:1交換になる。

 (2)はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター全体除去効果
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに限定されているものの、(1)の発動条件から発動できないということは少ない。
 1500というライフコストは安くないが、その分のリターンは期待できる。
 1ターンに1度の制限もないため、回数制限付きの破壊耐性ならライフと引き換えに突破することができる。

 なお発動したターンは1体でしか攻撃できなくなるため、大型モンスターの展開も同時に行えるのが理想的だろう。
 【列車】であれば(2)の効果を使えない場合でもエクシーズ素材に使え、《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》耐性を自身に付与して生き残った後、《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》へつなぐことで攻める事が可能。

 (3)はライフ回復する効果
 回復する数値は除外したモンスター攻撃力に依存するため不安定だが、中盤以降なら大幅なライフ回復を狙える。
 相手墓地利用を阻害する事にも使える。
 ただ発動条件相手によって墓地へ送られた場合であるため、自爆特攻をする場合を除いて相手に依存することになる。
 回復のために自爆特攻してモンスターを失うのは効率が悪いため、基本的にアタッカーとして使って相手除去を誘う形となるか。

  • カード名の「クラミツハ」は、日本神話に登場する神であり、『古事記』では「闇御津羽神」、『日本書紀』では「闇罔象神」と表記される。
    神産みにおいて、伊邪那岐命が火之迦具土神を斬り殺した際に生まれたとされている。
    『日本書紀』の一文では、軻遇突智命を斬って生じた三柱の神のうちの一柱がたかおかみのかみであるとしている。
  • 英語名の「Deluge」は「大洪水」の意味。
    水属性であることを鑑みての言葉の選択だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《機巧辰−高闇御津羽オカミ》 モンスター 効果モンスター 星10 水属性 機械族 攻2950 守2950

広告