機皇統制(きこうとうせい)/Meklord Deflection》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「機皇」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、自分フィールドの「機皇」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になり、
ターン終了時までそのモンスターの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
(2):自分フィールドの「機皇」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した速攻魔法
 機皇1体の攻撃力機皇元々の攻撃力の合計にする効果機皇モンスター破壊される場合に身代わりとして墓地の自身を除外する効果を持つ。

 (1)は機皇単体強化
 高攻撃力モンスター戦闘破壊が可能になるものの、その用途なら《月鏡の盾》などでも十分である。
 こちらは機皇モンスターを複数並べる必要があるため、展開手段も必要になる。
 元々の攻撃力を参照するため機皇帝などがその効果によって上昇した攻撃力は含めることができない。
 さらに「攻撃力になる」という現在の攻撃力を上書きする効果なので、発動前に適用されていた対象自己強化は失われる。
 このカード強化した後に機皇帝シンクロモンスター吸収するなどの強化は可能であるが、逆に装備した後に発動した場合はステータスが下がる事もありうる。
 特に機皇兵が持つ自己強化は複数体並べて意味があるものなので、機皇兵対象に使用した場合は自己強化を受けられなくなることは覚えておきたい。

 単体強化は永続するが、ダメージを与えられないのは発動したターンのみなので、相手ターンに使えば次の自分ターンではダメージを与えられる。
 ただ、その条件の関係で相手エンドフェイズに打つとほどんど強化出来ず、一番強化が望めるメインフェイズ1強化した場合は優先して除去される可能性も高い。
 一応(2)で補えるが、1度きりな上にバウンス除外等にも無力なので、守り切るには心許ない。
 ダメージは与えられないが自分ターン発動する、直接墓地へ送って(2)の効果を目当てにする、なども1つの手。

 (2)は身代わりによる破壊耐性付与。
 高攻撃力モンスターが揃う機皇だが、耐性は一切ないのでそれを補えるのは心強い。
 また、機皇帝特殊召喚する効果は、チェーン2以降の効果破壊ではタイミングを逃すので、意図しないタイミングで破壊されるのを防ぐ用途でも使える。

関連カード

―(1)の類似効果

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《機皇統制》 魔法 速攻魔法 機皇

広告