機皇兵廠(きこうへいしょう)オブリガード》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「機皇兵廠オブリガード」以外の
「機皇兵」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分フィールドの「機皇」モンスターの数×100ダメージを相手に与える。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した光属性機械族下級モンスター
 自身を破壊して同名カード以外の機皇兵を2体リクルートする起動効果墓地へ送られたターンエンドフェイズ自分フィールド機皇モンスターの数だけダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)は機皇兵リクルート
 守備表示なのでそのままでは攻撃できないが、《カオス・インフィニティ》を使うことで攻撃可能になる。
 《機皇兵ワイゼル・アイン》などが持つ自己強化もそのまま適用される。
 機械族以外の特殊召喚が封じられるが、リクルートした2体からランク4の《ギアギガント X》リンク2へ繋げるのも有用。
 《機皇兵グランエル・アイン》2体からなら《古代の機械弩士》《機皇兵スキエル・アイン》《HSR−GOMガン》にもつながる。

 発動時に自身を破壊するため、機皇帝特殊召喚につなげる事も可能。
 他のカードの場合、破壊効果と2枚以上の消費や、破壊のタイミングが指定されていることが多く、能動的に損失なく起点となれる利点は大きい。
 特殊召喚した機皇兵2体を墓地へ送ることで《機皇神龍トリスケリア》召喚条件が整い、《根絶の機皇神》蘇生対象も揃う。
 総じて【機皇】における能動的な展開の流れを作る役割を担うことになるだろう。

 【機皇】以外の機械族主体のデッキにも、起点となるランク4やリンク2を出す要員として他の機皇兵と共に採用することも考えられる。
 《レスキューラビット》を使う場合と比べ、このカード機械族なのでサポートを共有しやすく、《機皇兵グランエル・アイン》などは手札に来たとしてもアタッカーとなるため腐る可能性は抑えやすい。

 (2)は自分フィールド機皇モンスターに比例したバーン
 (1)の他どこからでも墓地へ送られても発動できるが、倍率は非常に低く、最大でも500とおまけ程度のダメージである。
 各種の素材に使う等でエンドフェイズ前に処理していた場合、0になることもあり、あまり有効な効果とは言い難い。
 他の機皇カードにもバーンとのシナジーはなく、こちらはあくまでオマケと割り切ってよいだろう。
 発動自体は「墓地へ送られた場合」に済んでいるので、エンドフェイズ前に《機皇神龍トリスケリア》等で除外してしまってもバーンは処理される。

  • 名前の由来は《機動要塞フォルテシモ》等の音楽由来から、音楽用語の「オブリガート(obbligato)」と思われる。
    曲調の変化する場面で主旋律を引き立てるためのフレーズで、盤面を変化させる展開効果を意識したのだろう。

関連カード

イラスト関連

(1)でリクルートした機皇兵のみで出せるエクストラデッキ機械族

エクシーズモンスター

リンクモンスター

収録パック等


Tag: 《機皇兵廠オブリガード》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻1200 守1800 機皇 機皇兵

広告