究極宝玉獣(きゅうきょくほうぎょくじゅう) レインボー・ドラゴン》

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守   0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「宝玉獣」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
(3):永続魔法カード扱いのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の「宝玉獣」モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、
デッキから「究極宝玉神」モンスター1体を手札に加える。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 宝玉獣戦闘を行う攻撃宣言時に自身を特殊召喚する誘発効果宝玉獣の共通のルール効果永続魔法状態の時に下級宝玉獣効果無効にしてリクルートし、究極宝玉神サーチする効果を持つ。

 初の下級モンスターでない宝玉獣モンスターであり、8種類目の宝玉獣モンスター
 レベル8・光属性ドラゴン族と非常にサポートカードが豊富であり、そのステータスから《ドラゴン・目覚めの旋律》にも対応している。
 同じくサーチ可能な《終焉龍 カオス・エンペラー》ペンデュラム効果により、(3)で除外されたこのカードを回収する事も可能。

 (1)は自身を手札から特殊召喚する効果
 条件は宝玉獣モンスター戦闘を行う場合と、【宝玉獣】においては非常に緩い。
 とはいえ、他の全てが下級モンスター宝玉獣では自ら攻撃宣言するには攻撃力不足の場合が多く、《宝玉獣 アメジスト・キャット》以外は自爆特攻になる可能性もある。
 相手モンスター攻撃にも対応しているが、攻撃宣言時に攻撃対象宝玉獣表側表示である必要がある。

 高い攻撃力と緩い自己特殊召喚効果により【宝玉獣】では単純なアタッカーとしての活躍も望め、《宝玉の守護者》で倍加すればその攻撃力は6000となる。
 【宝玉獣】アタッカーとしては究極宝玉神が存在したものの、それらと比較して格段に特殊召喚しやすく、対応するサポートカードも多い。
 《宝玉の導き》によりデッキからも容易に特殊召喚でき、展開に寄与できる《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》に対して使い分けられる。
 特殊召喚手段の豊富さから複数枚採用しても事故は起こりにくいが、宝玉獣手札からの特殊召喚手段は少なく、(1)の効果にも1ターンに1度の制限があるため、手札に集まりすぎると持て余すことは念頭に置きたい。

 (2)は宝玉獣共通のモンスターゾーン破壊された場合に、永続魔法扱いとして魔法&罠ゾーンに置く効果
 処理については宝玉獣のページを参照。

 (3)は永続魔法扱いのこのカード除外することで、下級宝玉獣モンスターリクルートし、究極宝玉神モンスターサーチする効果
 上述の通り、このカード以外の宝玉獣は全て下級モンスターなので、リクルート先は同名カード以外全てである。
 ただ、効果無効化されるため宝玉獣の共通効果も使えない点は注意。
 またサーチリクルートはどちらも行う必要があるため、デッキ宝玉獣究極宝玉神が1枚以上必要である。
 自身の(2)の効果だけでなく《宝玉獣 サファイア・ペガサス》などの効果で置かれた場合にも発動できるため、これを利用して宝玉獣を展開し、リンク素材エクシーズ素材に使うということになる。

 なお、このカードも含めた8種の宝玉獣を全て墓地フィールドに揃えてしまうと、究極宝玉神関連カードの指定する「宝玉獣7種類」を満たせなくなる。
 とはいえ、このカード自身は(3)を使うと除外されるため、種類数にカウントされない状態となりやすい。

 仮に効果発動前に墓地に送られた場合も、《宝玉の恵み》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》フィールドに出してから(3)へ繋ぎ除外することができる。
 ただ、上述の通り(3)はデッキ宝玉獣究極宝玉神がそれぞれ残っていない場合、発動自体ができなくなる。
 特に後者は採用枚数次第ではすぐにデッキからなくなりかねないため、(3)の効果前提で8種類採用する場合はデッキに戻すギミックも用意したい。
 逆に、このカードを含めて7種になるように既存から1種不採用とする場合、(3)の効果はなるべく使わない様にするか、同名カードフィールド墓地に残す必要がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守0 宝玉獣

広告