教導(ドラグマ)鉄槌(てっつい)テオ/Dogmatika Theo, the Iron Punch》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守1500
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):EXデッキから特殊召喚されたフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力は600アップし、対象のモンスターの攻撃力は600ダウンする。

 RISE OF THE DUELISTで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚する起動効果エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘破壊されない永続効果エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター弱体化し自身を強化する起動効果を持つ。

 (1)(2)に関しては《教導の聖女エクレシア》を参照。

 (3)は対象モンスター弱体化と自身の強化効果
 対象とするエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター自分モンスターでもよいが、その場合フィールドの総攻撃力は変わらないため、できれば相手フィールドモンスター対象にしたい。
 (2)の耐性もあるため、相手モンスター対象にした場合、元の攻撃力が3000までなら、一方的に戦闘破壊できるようになる。
 ドラグマの制約により特殊召喚できない場合もあるが、《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》エクシーズ召喚すればそのまま除去ドローも可能。

  • 「鉄槌」はその名の通り、かなづちの事だが「鉄槌を下す」の慣用句が示すように厳しい制裁を表すこともある。
    (2)と(3)を有効活用すれば、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに文字通り鉄槌を下すことも可能だろう。
    • 「テオ」はヨーロッパで使われる男性の名前の一つであり、ギリシャ語で「神」を意味する「テオス」に由来する。
      また、おなじくヨーロッパで使われる「テオドール」「テオバルド」といった名前の短縮形でもある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《教導の鉄槌テオ》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1800 守1500 ドラグマ

広告