驚楽園の大使(アメイズメント・アンバサダー)Bufo(ブーフォ)>》

効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1600/守 900
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「アトラクション」罠カード1枚と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その墓地のカードをその相手モンスターに装備する。
(2):モンスターに装備されている自分の「アトラクション」罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドの「アメイズメント」モンスターまたは
相手フィールドの表側表示モンスター1体に装備する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した地属性獣族下級モンスター
 召喚に成功した墓地アトラクション罠カード相手モンスター装備させる誘発効果装備されているアトラクション罠カード装備対象を相手モンスターあるいはアメイズメントモンスターに移し替える誘発即時効果を持つ。

 (1)は墓地アトラクション罠カード相手モンスター装備させる効果
 (2)の効果と併せて、墓地に存在するアメイズメント罠カードの2種類ある効果の好きな方を発動できる。
 有力な装備先としては魔法・罠カード除去サーチによりアドバンテージを確実に稼げる《A・∀・CC》や厄介なモンスターを無力化できる《A・∀・HH》などか。
 いずれにしろ相手モンスターが存在しない場合や墓地が肥えてなくてはポテンシャルを発揮できないため、初動より中盤以降に向くカードである。

 (2)はアトラクション罠カード装備対象を変更する効果
 装備モンスターを変更することで、アトラクション罠カード効果やその効果適用するモンスターを切り替えられる。
 (1)の効果アトラクション罠カード効果装備させる場合には装備させるモンスター対象にとるが、この効果では装備カードだけを対象にとり装備対象を移し替える。
 そのため対象耐性を持つものにアトラクション罠カード装備させるという芸当も可能。

  • 「大使(アンバサダー:ambassador)」とは「外交使節団の長」を意味する役職や称号。
    現在では「親善大使」「観光大使」などに観光地におけるイメージキャラクターの通称や役職に使われており、このカードモンスターもその類であろう。
    • 「bufo」はスペイン語で「喜劇の」「コミックの」を意味する形容詞である。
      またラテン語では「ふかふかした」を意味し、見た目形状を指していると思われる。

関連カード

イラスト関連

―《驚楽園の大使 <Bufo>》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:相手モンスター装備されている《A・∀・WW》効果の発動チェーンしてその《A・∀・WW》対象に《驚楽園の大使 <Bufo>》の(2)の効果発動しました。
  《驚楽園の大使 <Bufo>》の(2)の効果処理で《A・∀・WW》自分モンスター装備した場合、《A・∀・WW》効果処理はどのように行われますか?
A:「●相手」の発動チェーンして《驚楽園の大使 <Bufo>》の効果発動し、《A・∀・WW》を《驚楽園の大使 <Bufo>》に装備した場合でも、「●相手」の処理を行います。
  よって、装備モンスターである《驚楽園の大使 <Bufo>》の攻撃力守備力が入れ替わります。
  また、「●自分」の発動チェーンして《驚楽園の大使 <Bufo>》の効果発動し、《A・∀・WW》相手フィールドモンスター装備した場合でも、「●自分」の処理を行います。(21/01/16)


Tag: 《驚楽園の大使 <Bufo>》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 獣族 攻1600 守900 アメイズメント

広告