慧炎星(けいえんせい)−コサンジャク/Brotherhood of the Fire Fist - Peacock》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
「炎星」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先に「炎星」モンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードの攻撃宣言時に自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できない。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場する炎属性獣戦士族リンクモンスター
 リンク先炎星が存在する場合に攻撃対象にならなくなる効果、自身の攻撃宣言時に炎舞コスト相手モンスターを自身のリンク先コントロール奪取できる効果を持つ。

 《炎星仙−ワシンジン》と異なり、リンク素材炎星でなければならない事から《熱血獣士ウルフバーク》を使えないため、あちらよりもリンク召喚しにくい。
 とはいえ、【炎星】なら用意が難しいリンク素材でもないため、状況に応じて適宜使い分けることも十分可能。
 こちらはリンクマーカーの向きや効果の性質上、エクストラデッキからの展開を目的とするリンク先の確保には向いていない。
 一方で、コントロール奪取によって相手ボード・アドバンテージを削る事ができるのはあちらにはない利点である。

 (1)は自身のリンク先炎星がいる場合に攻撃対象にならなくなる効果
 どのモンスターゾーンにいてもリンク先は1か所しか使えず、適用できても全体除去でまとめて処理される可能性も高い。
 (2)の効果を阻害する事にもなるので、基本的には狙わなくていいだろう。

 (2)は自身の攻撃宣言時に発動できるコントロール奪取効果
 奪ったモンスター攻撃できなくなるが、《ヴァレルロード・ドラゴン》と同様メインフェイズ2で各種素材にすると良い。
 こちらは攻撃対象以外も奪える他、コントロール奪取によってバトルステップの巻き戻しが発生するため、攻撃対象の再選択ができる。
 攻撃力はかなり低いため、相手モンスターが残っている場合は攻撃の中断を選ばざるを得ないことも多いだろう。
 効果の持続時間が《ヴァレルロード・ドラゴン》より短く、コントロール相手に戻ってしまうので、そのターンメインフェイズ2で確実に素材としておきたい。

 《炎星仙−ワシンジン》1ターンに1度しか特殊召喚できないため、効果を使い終わった炎星モンスター墓地へ送る手軽な手段としても用いることができる。
 特に《寿炎星−リシュンマオ》の(1)の効果を使ったターンその残存効果によりやむを得ずこのカードリンク召喚することになることも多い。
 その場合(2)の効果でコントロール奪取したモンスターの処理は非常に困難になる。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である「地彗星(地慧星とも)」の生まれ変わりの「コ三娘」(「コ」=戸かんむりに邑)と思われる。
    コ三娘は梁山泊でも珍しい女将軍で「一丈青」の異名を持っており、双刀と套索(からめ縄)を扱ったと言う。
    この2つの武器の特徴を1つに合わせたのか、このモンスターの武器はムチ状に変形する剣(いわゆるガリアンソード)となっている。
    また(2)の効果は套索で追ってきた敵を生け捕りにしたエピソードに由来するものだろう。
  • 炎星のモデルの多くは天こう星三十六星であるが、このカードのモデルは地さつ星(「さつ」については炎星を参照)七十二星の一員である。
  • カード名は上記の「コ三娘」に孔雀をかけている。
    イラストに見えるのは「」の字だが、カード名は「炎星」であるので検索の際は注意。
  • 同パックの他の炎星モンスターイラストと同じ漢字がカード名に使われているのだが、何故かこのカードのみ異なる。
    翻訳時のミスの可能性もあるが、「慧」の漢字は「賢い」という意味を持つため名前としてはこちらの方が適すると考えた可能性もある。
    なお、上記の通り元ネタは両方の漢字表記も見られるので、どちらが使われていても間違いではない。

関連カード

―《慧炎星−コサンジャク》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《慧炎星−コサンジャク》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 獣戦士族 攻1000 炎星

広告