(ひかり)天穿(てんせん)バハルティヤ/Bahalutiya, the Grand Radiance》

効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2000/守2400
このカードは効果モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在し、相手メインフェイズに
相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
このカードをアドバンス召喚する。
(2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身の手札の数だけデッキの上からカードを裏側表示で除外する。
その後、相手は手札を全てデッキに戻し、この効果で除外したカードを手札に加える。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 効果モンスター1体のリリースアドバンス召喚できる効果外テキスト相手メインフェイズ相手サーチを行った場合にアドバンス召喚できる誘発効果手札から召喚・特殊召喚に成功した場合に相手手札を入れ替える誘発効果を持つ。

 効果外テキストによりリリース効果モンスター1体に抑えられる。
 《帝王の烈旋》と組み合わせることで相手フィールドモンスター1体のみをリリースしつつのアドバンス召喚も可能。

 (1)の効果相手サーチを行った場合にアドバンス召喚できる効果
 そのまま(2)の効果につながるため、サーチしたカードの利用を防ぐことができる。

 (2)は相手手札デッキトップカードと入れ替える効果
 相手手札交換を強制し、上述の通り(1)からつながればトリガーとなったサーチを無為にできる。
 特殊召喚トリガーになるため、(1)の効果からつなぐ以外にも相手サーチサルベージしたタイミングでこのカード特殊召喚すれば嫌らしい動きになるだろう。
 ただし、手札の枚数が多いとデッキトップの状況によってはサーチしたカード同名カードを引かせてしまうリスクがある。

 汎用的な手札誘発として見た場合、基本的にディスアドバンテージになる点には注意。
 自分フィールドモンスターを必要とするので、相手先攻ターン目に使えないのも難点。
 単にサーチを妨害したいのであれば汎用性の高い《灰流うらら》があるので、こちらを優先する場合はステータスなどを活かしたいが、攻撃力2000はどうにも中途半端。
 相手ターンアドバンス召喚するため、コストや素材にするにも方法が限られ、戦闘破壊されやすい。
 そのため、基本的には何らかのシナジーを見込んで採用する事になるだろう。

 ドラゴン族・光属性・レベル7であるため、【ホーリーナイツ】ともシナジーする。
 あちらにはドラゴン族・光属性・レベル7手札戻す効果を持つカードが多いため繰り返し効果を利用することができる。

 裏側表示で除外を経由するため、《No.89 電脳獣ディアブロシス》の(3)の効果トリガーにもなる。
 ランク7であるあちらのエクシーズ素材になることもできるため、《No.89 電脳獣ディアブロシス》軸の【デッキ破壊】などに採用してみるのも良い。
 なおこのカード効果処理によって裏側表示で除外したカード効果処理後残らないため、予め裏側表示で除外されているカードがない場合は発動できない点は注意。

  • イラストでは手前の方に影となった城があり、その背後に天を突き抜けるほどの巨体なモンスターだと確認できる。
    カード名はイスラム教の世界を支える大魚バハムートと、その本名であるルティーヤーか。
    天を穿つ(掘る)と記されているのはそのまま(2)の効果を意味しているであろう。

関連カード

―(2)の類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手デッキからモンスター手札に加えた場合に、自分は《光の天穿バハルティヤ》の(1)の効果《パペット・キング》の(1)の効果を、同一チェーン上で発動できますか?
A:その場合、どちらか1体のみ効果発動できます。
  同一チェーン上で両方を発動することはできません。(21/11/06)


Tag: 《光の天穿バハルティヤ》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2000 守2400

広告