光来(こうらい)する奇跡(きせき)

永続魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
手札・デッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):お互いにフィールドの「スターダスト・ドラゴン」及び
そのカード名が記されたSモンスターをEXデッキに戻す事はできない。
(3):Sモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、自分の「光来する奇跡」の効果で同じ効果を適用できない。
●自分はデッキから1枚ドローする。
●手札からチューナー1体を特殊召喚する。

 DAWN OF MAJESTYで登場する永続魔法
 発動時に手札デッキレベルドラゴン族デッキトップ置く効果《スターダスト・ドラゴン》カード名が記されたシンクロモンスターバウンスを封じる効果シンクロモンスター特殊召喚時にドローチューナー特殊召喚のいずれかを行える効果を持つ。

 (1)はカードの発動レベル1・ドラゴン族デッキトップ置く効果
 《想い集いし竜》とは相性がよく、(3)の効果によりドローすることであちらの自己特殊召喚及びリクルートにつなぎやすい。
 類似カードには珍しく手札カードデッキトップ置ける
 アドバンテージ上は好ましくないが、初手に《想い集いし竜》を引いてしまった場合などのケアとしてなら行う価値もある。
 なお強制の処理であるため、手札デッキレベル1・ドラゴン族が存在しない場合にはカードの発動ができなくなってしまう点は注意。

 (2)は《スターダスト・ドラゴン》及び関連するシンクロモンスターバウンス封印。
 《セイヴァー・スター・ドラゴン》デメリット回避は元より、《スターダスト・ドラゴン》らが干渉できなかった相手からのバウンス除去もこれで防ぐことが可能である。
 ただ、墓地へ送る効果までは防げないので過信は禁物である。

 (3)はドローするか手札からチューナー特殊召喚する効果
 発動条件シンクロモンスター特殊召喚であり、シンクロ召喚でなくてもよいため蘇生などでも満たす。
 ドローリソース回復になるだけでなく、上述の通り(1)の効果デッキトップ置いた《想い集いし竜》効果につなぐことができる。
 チューナー特殊召喚もさらなる展開につなぎやすくなる。
 どちらの効果適用後さらなるシンクロ召喚を狙えるため、もう一方の効果の適用も狙いやすい。

  • 光来(こうらい)」は「高来」とも表記し、相手の来訪を敬った言い方。
    従って、下記の元ネタである「光来せよ」という命令形と共に用いる使い方は厳密には不適切である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《光来する奇跡》 魔法 永続魔法

広告